JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
生き方

「無理しない程度に頑張って」という言葉の意味と使い方

あなたの周りの方が「何かにチャレンジしよう」「資格の試験を受ける」など頑張っているときに「どのような言葉をかけたらいいのか」迷うことはないでしょうか。

「がんばれ~」とストレートに言っていいものなのか、「がんばりすぎに注意してね!」などと少し遠まわしに言った方がいいのか、迷うことが多々あるでしょう。このような場面では、どのように言うべきなのでしょうか。

ここでは私自身が思う、相手を応援したいときに言うおすすめの言葉である「無理しない程度に頑張って」のニュアンスや使い方について解説していきます。

誰かを応援したいときには「無理しない程度に頑張って」というと丁度いい

私がおすすめする、周囲の人に対して励ましの意味を伝えたいときに言うといい言葉は「無理しない程度に頑張って」です。

例えば、起業などの大きなことにチャレンジしようとしている近しい友人がいるとします。このとき、燃えている友人に対して「無理しないでね!」という言葉をかけると、相手からすると「これから本気でチャレンジしようとしているんだから、無理してでも頑張るわ!」と反感を買う可能性が高くなるわけです。

逆に、「頑張ってね!」と相手に伝えた場合には、友人の視点からは「起業といった大きな事をするんだから、言われなくても頑張るわ!」と、違った意味で反発されるリスクが大きくなるのです。

このような場面で、上述の「無理しないで」と「頑張ってね」の中間に位置する「無理しないで頑張ってね」という言葉を使ったとしましょう。

すると、「確かに起業はかなり大変なことも多くあるから頑張るのは前提として、あまりにも無理して変な方向に行かないように気をつけよう」と相手の応援を聞き入れやすくなるといえます

なお、伝える側としても

・「頑張って」だけだと「相手は当然頑張ろうとしてるんだから気を悪くしないかな」という心配

・「無理しないでね」だけだと「なんで頑張ってと応援してくれないのか」と思われるのではないかという心配」

の両方を補うことができるともいえます。

ただし、信頼関係がある人に言わないと効果はあまりない

ただ、いくら言い方自体を工夫したとしても、あなたと友人の間に信頼感がなかったら、どんな言葉を伝えたとしてもほとんど響かないでしょう。

また、無理しないで頑張ってという言葉を使ったとしても、このような状態では逆に「なんか言い方が中途半端だな~」と反感を買うこともありえます。

そのため、最終的には言葉の言い方に気をつけはするも、信頼関係を構築した上で「相手のことを本当に信頼している」「本当に応援してる」という気持ちを大事にするようにしましょう

結局はどんな言葉を使っても、信頼がある人の言葉だったら、嬉しくなるものです。

まとめ

ここでは「無理しない程度に頑張って」という言葉の意味と使用方法について解説しました。

何かに挑戦しようとしている友人に対してかける言葉として、とても有効的な言い方として「無理しないように頑張って」というものがあります。

例えば、「頑張って」だけや「無理しないでね」では、どちらも上述のように少し極端な言い方であり反感を買うケースがあるといえます。

このときに、どちらの意味合いの良いとこどりをした「無理しないで頑張ってね」という表現を使うと、相手のことを配慮しつつ応援もしているというニュアンスが伝わりやすくなるのです。

ただ、言い方も大事ですが、それ以上にきちんと信頼関係を構築することがまず先決です。信頼感を得たうえで上のような言い方を工夫し、あなたの大事な友人を応援していきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう