JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
生き方

職場がうるさいのがストレスな場合の対策は? 【隣の席がうるさい】

現代の日本人のほとんどはサラリーマン、パートなどの会社員であることがほとんどです。さらに、会社員の方は職場にて過ごす時間がほとんどであるため、そこでの生活が楽しいものでないと、人生の充実度が下がってしまうともいえます。

ただ価値観が違う複数の他人同士が同じ環境下で過ごしていれば、必ず何かしらのトラブルが発生するものです。

例えば、職場の音にストレスを感じる場合にはどのような対策をとっていくのがいいのでしょうか。

ここでは「職場でうるさいのがストレスに感じる原因や対策」について確認していきます。

周りがうるさいのがストレス【職場で隣がうるさい】

職場での音へのストレスの原因としてはいくつかのパターンが挙げられるといえ、以下で詳細の内容を確認していきます。

職場での笑い声がうるさい【隣の席】

ます、会社での音をストレスに感じる原因としては、大きな笑い声が挙げられます。どのような時でも「なぜこんなに笑い声がでかいんだろう」と感じるようなうるさい方が一定数いますよね。

以下のようなイメージです。

そしてこのように「職場での笑いがうるさい人」がこのような状他になる原因としてはそもそもそれが普通で「周囲がうるさいとストレスを感じていること」を理解していないケースがほとんどです。

職場でのおしゃべりがストレス【私語が多い職場】

なお、会社にて私語がとてつもなく多い人が多い場合があります。つまり、部署全体として仕事よりもおしゃべりの方がメインとなっているケースがあるのです。

これが隣の席や目の前などの近い席の方であれば、納構なストレスを感じることが多くなります。このときに防音対策をしていないと仕事にならないケースも出てくるでしょう。

このような職場でのおしゃべりでうるさい状況になるのも、結局は当人が「職場でおしゃべりするのが当たり前」という考えに陥っていることために起こるものなのです。

足音がうるさい職場

仕事場における周囲の方で足音が大きく、音にストレスを感じることがあります。職場にて結構な音を立てて、ドスドスと歩く人をイメージしていただければと思います。

そして、先にも述べているような「笑い声」「私語が多い」方と同じように「足音が大きい方」がこのようになっている理由としては「無自覚」が原因のことがほとんどといえます。

職場でのラジオがうるさい

まれなケースですが、戦場にて私物のラジオなどを持参して皆の前で流している人がいます。この職場にてラジオをかけうるさい方の場合は少し状況が異なり、無自覚というよりも潜在意識のレベルで皆から注目されたいと考えている傾向にあります。

「気づいてほしいけど、自分からはそんなことを言い出しにくい」つまりかまってほしいという気持ちが心の底にあるために、ラジオなどで音を立て、周囲からの注目を浴びようとしているともいえるわけです。

職場でのおしゃべりなどへの対策【職場で音がうるさいときはイヤホン・耳栓をするべき】

このように職場がうるさくストレスを感じてしまうのにはいくつかの原因があるといえ、あなたが気持ちよく毎日を過ごすためにも適切な防音対策をとった方がよく、以下で詳細を核にしていきます。

会社でのうるさい人にストレスがあることをきちんと伝える

先にものべたように「職場での笑い声がうるさい人」「おしゃべりがうるさい人」「足音がうるさい人」などは基本的に無自覚な割合が高いです。そのため、まずは職場での音のストレスを感じていることをやんわりと伝えてみることがいいです。

そこで、一定の割合の方は素直にそのことを配慮し、静かにする対策を取ってくれることがあるわけです。よって、勇気を出し、なるべく優しく相手に伝えていきましょう。

職場でうるさい時はイヤホンや耳栓をするのもいい

ただ、職場での音のストレスを感じるようなケースで、かつ相手に伝えても「ほとんど態度に変化が無かった」場合には、あなたが変化した方がストレスを少なく出来ます。

そこで、部長などの管理職の方と相談し、「周りがうるさいのがストレスになる」ことを伝え、イヤホンや耳栓をしていいかどうかの許可を貰うのがおすすめといえます。

もし、OKとなりましたら、以下のようなカナル型タイプのイヤホンや耳栓を実践にして、騒音の軽減していきましょう。

どうしても駄目なら部署移動や転職を考える

さらに、イヤホンの使用許可がおりないなど対策が取りようがない場合には、部署移動などを考慮するといいです。

ただ、職場によっては人事的に異動ができないようなケースが非常に多くあるといえます。このような場面では、覚悟して転職活動を始めるのもいいです。

基本的に新卒とは異なり転職の場合では、転職後に上司となる予定の方と「職場環境」「業務内容」など具体的に話し合うことが可能です。この面接時に、少しこの「うるさいかどうか」「今後合わなくても部署異動できるかどうか」などをある程度聞くことができます。

私の周囲には、経済面・環境面・幸せ度的に「転職をしてよかった」と言っている方が多いですが、実際に上述と似たような状況のことを伺い、実際におおよそ一致している割合が高い傾向になるといえます。

そのため、転職のメリット・デメリットも考慮した上で、覚悟して転職活動に励むのもおすすめです。

あなた自身の人生は一度きりのため、やらないで後悔するのではなく、思い立った時にチャレンジしていきましょう。本気で行えば必ず活路は見いだせるものです。

まとめ

ここでは、職場で音がうるさいのがストレスとなる原因とその対策について確認しました。

会社での周りの騒音が気になる原因としては

・隣の席などの笑い声がうるさい
・おしゃべり
・足音
・ラジオ

などが挙げられます。

そして、これらの音のうるささへの対策としては、

・きちんと伝える
・イヤホンや耳栓をする
・部署異動や転職を行う

のがいいです。

より楽しい・充実した人生を送れるよう後悔のない選択を行っていきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう