JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
お金・節約・投資

1万弱や1万強とはいくら?何円くらい?【1万円強や1万円弱】

ある製品について友人と話しているときに、「この部品はだいたい1万弱だったよ」とか「1万強の値段だと買うのは厳しいな~」などと話すことがあるでしょう。

それでは、この1万円弱や1万円強とは何円くらいのことを指すのか理解していますか。

ここでは「1万弱や1万弱が1万円よりも大きいのか小さいのか」ということについて解説していきます。

1万弱(1万円弱)はいくらくらいなのか?

まずは、1万弱(1万円弱)とは何円程度の価格であるのかについて確認していきます。

結論から言いますと、1万弱は1万円よりも若干小さい値のことを表し、8000円~10000円未満あたりの値段を指すといえます。

ただ、1万弱という表現は抽象的な表現であるため、上述のよう8000円~1万円未満と考える方もいれば、さらに1万円に近い9500円~1万円未満などと狭い範囲を想定している人もいます

そのため、1万弱と聞いてイメージしている値段の食い違いが起こる場合があることに、十分気を付けましょう。

以下のような例が挙げられます。

例えば、AさんとBさんがある製品を買おうとしているとしましょう。ここでAさんが下見に行って、ある購入予定の製品の値段が9500円であることを確認しました。

そこで、下見に行っていないBさんに「1万弱だったよ」と報告したとします。このとき楽観的なBさんは「だいたい8000円くらいなのかな~」と感じました。

そして、いざAさんとBさんの二人で製品を買いに出かけたとし、その価格をみたBさんが「8000円よりもだいぶ高いじゃん!」と怒ってしまったのです。

ただ、Aさんとしては、1万弱と伝えていたたため、Aさんからすると9500円くらいが1万弱の適性な値段と考えていたわけです。

このようにして、1万弱とだけ伝えるとお互いの認識の相違が生まれるケースがあります。

そのため、1万弱とは1万円よりは少し小さい値段であることを表していますが、人によってそのイメージが異なるため、正確に「何円か」をすり合わせておくといいでしょう。

1万弱とは1万円とちょっとではない

なお、1万弱の本来の意味を間違えて理解している人もいます。1万弱なので、1万円と少々(弱)と考えているわけです。

ただこの「弱」という表現は、「ある値に近いが超えない数値」を表しています。

そのため1万弱の定義として、1万円よりも小さい値段のことを指すので、間違えないように覚えておくしかないです。

きちんと理解しておきましょう。

10万円弱はどのくらいか?

さらに、1万円弱だけでなく、10万円弱など対象の数値が変化したとしても、同じように考えるといいです。

具体的には、10万弱であれば9万5000円~9万9000円程度の数値をイメージすればいいです。

2万円弱、3万円弱、5万円弱は何円くらい

同様に、数値が2,3などとなっても同じように考えます。

つまり、2万円弱では2万円に少し満たない程度、3万円弱では3万円より少々下の額、5万円弱であれば5万円にちょっと届かない値となるのです。

1万強(1万円強)とは何円なのか【どのくらい?】

一方で、1万強とはいくらぐらいを表しているのか知っていますか。

実は、1万強とは1万円より大きく約12000円以下程度であるといえます。つまり1万円よよりもちょっと大きい値段が1万強に相当するのです。

1万弱と対称のような位置づけにあるのが、1万強であるといえます。

なお、1万強という表現も1万弱と同様に、抽象的な表現方法であるため、認識の違いが発生しないようにきちんと話し合いましょう。

1万強は1万円後半ではない

なお、1万強と聞いて誤解しやすい間違いとしては、1万円代でも後半のことを意味すると考えてしまうケースです。

この考えはわからなくもないですが、1万強という表現の定義自体が1万円とちょっとを表しているため、こちらもしっかりと覚えていきましょう。

10万円強の意味

さらに、10万円などが対象となっても基本的に「強」の使い方は同じです。

よって、10万円強は10万円よりも少し大きな金額を示すのです。

2万円強、3万円強、5万円強はいくらくらい?

同様に、数値が2,3などとなっても同じように考えます。

つまり、2万円強では2万円をちょっと越した程度、3万円強では3万円より少々上の額、5万円強であれば5万円より少し大きい値となるのです。

まとめ

ここでは「1万弱や1万強とはいくら程度なのか」ということについて解説しました。

1万弱とは「1万円よりも少々少ない値段」であり、逆に1万強とは「1万円よりも少し大きい値段」を指します。

これは、10万円弱や10万円強、2万円弱や2万円強などとどのような数値にも適用できます。

なお、間違いやすい考えとして、1万弱を1万円とちょっと、1万強を1万円台後半と捉えるケースがあります。これは誤りであるため、上述の定義をしっかし復習しておきましょう。

日本語のちょっとした言い回しを学び、日常生活をより楽しんでいきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう