JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
神社関連

神社での参拝時間は朝、昼、夜ではいつがいいのか【お参りのタイミング】

「試験の合格祈願」「病気の治癒」「恋愛成就」などさまざまな願望の実現や、普段からの慣習などの理由で、神社にお参りに来ることがあります。

ただ、神社参拝の知識がない場合では、参拝の仕方だけでなく、運気が上がる参拝時間なども理解していないことが多いです。

最近では、夜まで開けてある神社もたまに見かけますが、「お参りをするタイミングはいつが好ましいのか」知っていますか。

ここでは、神社に参拝に行く時間は「朝、昼、夜のいつがいいのか」ということについて解説していきます。

神社にお参りに行く時間は早朝が好ましく、夕方や夜は避けるべき

結論から言いますと、神社の参拝時間は朝が最も好ましいです。遅くても昼過ぎ(14時あたり)までに足を運ぶのがおすすめです。

これは、神社に行く理由、神社の仕組みと関係しています。

そもそも神社は、私たちが生活することでつく邪気を浄化させる場所といえます。

そして、効率よう穢れを取り除く仕組みとして、鳥居、参道、手水舎、本殿などが設置されているわけです。つまり、私達についた邪気が一旦神社に移動し、徐々に木々や場の力によってそれが消えていくと考えるといいです。

以下のようなイメージです。

そのため、多くの人が神社にお参りに来た後には、吸収しきれない分の邪気が漂っているような状況になっているといえます。

つまり、夕方過ぎや夜ではの多くの参拝者が来た後では、穢れが溜まったいるために参拝時間としてはおすすめできないのです。

夕方過ぎに神社にいくと、よく魔がさすといわれているのは、このような理由があります。

このような気の流れの理由から、夕方や夜のお参りは避け、朝に神社にいくといいのです。

朝の時間帯では参拝では人が少ないのもいい

なお、早朝のタイミングで神社参拝に行くと、よりすいているためにご利益を受け取りやすいといえます。

神社にて開運効果を得るためには人混みを避けた方がいいです。これは、人が多い状況では神さまも忙しく、お願いに対してきちんと答える余裕が無くなっているためです。

同様に、私たちも神社が混んでいる状況では、ささっと参拝を済ませがちです。すると、「自分はどうありたいのか」「どのようなお願いをするのか」という自分の内面に向き合うことができず、どうしても適当になってしまいます。

これでは、浄化もされにくく、願望実現も加速されにくい状況となるわけです。

これらのご利益が受け取りにくいケースを避けるためにも、朝にお参りに行くのがおすすめなのです。

神社に行くタイミングだけではなく、どの神社に行くか、作法なども学ぶべき

上述のように神社にお願いにいく時間帯も重要ですが、併せて「どのような神社に行くか」「どのように参拝しているか」なども大事にするといいです。

詳しくは別の記事で解説していますが、「きちんと掃除が行き届いている神社」「あなたが癒される、前向きな気分になる相性のいい神社」「お願いの時には言い切りの形や進行形の形でいう」などの作法を理解しておくと、よりご利益を得られます。

加えて、できる限り午前中に神社に行き、午後の参拝は避けるように心がけましょう。

まとめ

ここでは、「神社にお参りに行く時間帯はいつがいいのか」ということについて解説しました。

神社には、基本的に朝に行くのが望ましく、遅くても昼あたりまでに参拝を済ませるようにしましょう。これは、夕方以降の神社に多くの参拝客がきた後では神社内に邪気が溜まっているケースがあるためです。

同時に早朝の方が人も少なく、よりご利益を得やすい状況となっているために、午前中の参拝がおすすめなのです。

朝に神社に行くことでより開運効果を高めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう