JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
食品

大さじ1杯は何cc、何mlなのか?水、牛乳、油、砂糖、みりんなどのグラムは?

私たちが生活している中で、よく大さじ(スプーン)を用いて計量する場面が多くあります。

料理の本などに、大さじ~杯というような表記がされていればいいのですが、~ccや~ml、~グラムといった具合に必要量が記載されていることもあります。

こういった場面では、大さじ~杯を何cc(何ml)や~グラムに換算する必要があり、このあたりの変換方法を理解しておくといいです。

ここでは「そもそも大さじ1杯は何ccなのか」「大さじ1杯の水、牛乳、油、砂糖、みりん、酒、小麦粉、バターのグラム数への変換方法」について解説していきます。

大さじ一杯は何cc(何ml)なのか

大さじとは、ご存知のように料理などで使用する以下のような大きいタイプの計量スプーンのことを指します。

そして大さじ1杯の容積(体積)は15ccと決まっています。なお、ccとmlは単位は異なるものの数値は同じであるため、大さじは15mlでもあるのです。

大さじ1杯からグラム数(g)に変換する方法

このように大さじのスプーン一杯分であれば15ccと定義されています。にも関わらず、大さじに入れる材料が水、油、みりんなどと違うものであればそのグラム数は変化するのです。

これは、体積から質量(重さ)に変換するためには材料の密度をかける必要があるためです。以下のような計算式によって、その素材ごとのグラム数に換算することができるわけです。

以下で各材料と大さじ一杯のグラム数についてのまとめと、具体的な計算手順を記載しましたので、参考にしてください。

大さじ1杯の水、牛乳、油、砂糖、みりん、酒、小麦粉、生クリーム、バターのグラム数

それでは、よく使用する素材や調味料の大さじ1杯におけるg数を考えていきます。

まずは以下に、水、牛乳、油、砂糖、みりん、酒、小麦粉、生クリーム、バターの密度とグラム数をまとめた表を記載します。

材料名 密度 g/cc(g/ml) グラム数(g数)
1 15
牛乳 1.03 15.5
油、バター(油脂) 0.9 13.5
砂糖 1.6 24
みりん 1.2 18
1.0 15
小麦粉 0.5 7.5

 

以下で詳細の各材料の大さじ一杯のグラム数の計算手順を確認していきます。

大さじ一杯の水、お酒のグラム数の変換方法

まずは、水の密度を確認していきます。水の密度は温度によって若干量変化はするものの、室温付近であればおよそ1g/ccといえます。

よって、大さじ一杯分のグラム数を求めるには、体積(15cc)×1グラム/cc=15gと換算できるわけです。

なお、お酒(エタノール)も密度は水と近い1g/ml程度であるため、同様に15g程度と計算することができます。

牛乳のグラム数の変換方法

同様に、牛乳の大さじ一杯分のg数を求めていきます。牛乳の密度は製品にもよりますが、およそ1.03g/ccです。

よって、15cc(ml)×1.03=15.45=約15.5gと求められます。

大さじ一杯の油やバターのg数への換算方法

続いてサラダ油、バターなどにも代表的な油脂の大さじのスプーンあたりの質量を計算しましょう。なお、油によってその密度は若干前後しますが、今回は代表的な数値の0.9g/ccを用いていきます。

よって、油脂の大さじ一杯あたりの重さは、15×0.9=13.5gと求められるです。

なお、油や脂、油脂との違いについてはこちらで解説しているため、参考にしてみてください。

砂糖大さじ一杯分のグラム数の計算

引き続き、砂糖の大さじのスプーンの重さを求めていきます。

砂糖の密度はおよそ1.6g/cc(g/cm3)です。

よって、大さじ一杯分の体積15ccにこの数値をかけると、15×1.6=24グラムと求められました。

意外と砂糖は重いのです。

大さじ一杯のみりんのグラム数の算出

引き続き、みりんの大さじ一杯分の質量を考えましょう。

みりんの密度はおよそ1.2g/cc(g/ml)です。よって、大さじ一杯分のみりんの重さ=15×1.2=18グラムと求められました。

小麦粉の大さじ一杯分のグラム数の算出

引き続き、小麦粉の大さじ一杯分のgを考えましょう。

小麦粉の密度はおよそ0.5g/cc(g/cm3)です。よって、大さじ一杯分の粉の重さ=15×0.5=0.75gと求められました。

まとめ

ここでは、「そもそも大さじ1杯は何ccなのか」「大さじ1杯の水、牛乳、油、砂糖、みりん、酒、小麦粉、バターのグラム数」について解説しました。

大さじ1杯は15ccであり、それを質量の単位グラムに換算するには、15ccに材料の密度をかける必要があります。

また、材料によって密度は異なるために、同じ大さじ一杯でもグラム数が変化するのです。

日常的な単位換算に慣れ、よりスムーズに処理ができるようにしていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう