JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
恋愛・婚活

目が細いことがコンプレックスでつらい!目が小さい理由と改善方法【一重】

「もっと目が大きかったら可愛い(イケメン)なのに」「目が細いのがコンプレックス」などと目の大きさに関する悩みを感じている人が意外と多いものです。

ただ、実際のところ「目が細い原因を考え適切な対処をすることによって」目を大きく改善することが普通に可能です。

ここでは「目が小さい理由や目の細いのを改善する方法」について解説していきます。

「目が細い」「目が小さい」原因と改善方法【一重】

目が細いことが「つらい」「コンプレックス」と感じている場合、目が小さい理由を理解するのが大切であり、以下で詳細を確認していきます。

上瞼の筋肉が発達していない

目が小さい原因として代表的なものに、目を開く上瞼の筋肉が低下していることが挙げられます。

目は上瞼の筋肉によって引っ張られることによって開くわけですが、その筋肉が発達していない場合では、開きが悪化し黒目にまぶたがかかったような状態となります。

以下のようなイメージです。

結果として、目が小さい、目が細いと見えるのです。

なお、このまぶたの筋肉が低下してしまう原因としては、

・元から目をぱちっと開く習慣がない
・スマホやパソコンなどをずっと使い、目をあまり開かない状態を維持している

ことなどが挙げられます。ようは目を大きく開かなかったり、その時間が長かったりして筋肉を使わなくなると目が細くなってしまうのです。

目を開く習慣がない

なお、筋肉の有り無しの問題だけではなく、そもそも目を開く習慣がないことが目が小さい状態になっている人が意外と多いといえます。

つまり、目を大きく開けていないから、目が小さいだけという方の割合も少なくないのです。この場合は、単純に後に解説するような適切に目を開いて大きく見せる方法を紹介していきます。

他にもスマホを使うことで前傾姿勢になると、血行不良となり、目の周りがむくむことで目が小さくなることもあるので注意が必要です。

一重まぶたである

なお、どうしてもあなたが思うレベルに目がぱっちりしないのは、一重であることが原因のときも挙げられます。

実際のところ、同じように目が開き、開いている眼の縦幅が同じであったとしても、一重まぶたの人は二重瞼の人よりも小さく見えます

これは、二重まぶたになり二重のラインによって瞼が引っ張られると、まつ毛が上向きになることが理由です。

よく女性がまつ毛カールを行って上向きに見せようとするのは、この目を大きくみせるためでもあるのです。

目が細いのがつらい、コンプレックスと思う際の改善策

ただ、先にも述べたようにこの目が小さいことは努力次第である程度の改善が期待でき、以下で詳細を確認していきます。

目を開く訓練や筋トレ・マッサージをする

なお目が細いのがコンプレックスの方は、目を開けるトレーニングや癖付けをするといいです。

具体的には、目が細いのを解消するためには「目を見開く」ことを意識して行うのがおすすめです。つまり、目が大きく見える状態を普段からキープすることで、上瞼の筋肉をつけたり、自然にしててもその開き具合を改善することができるといえます。

なお、目を開ける訓練を行う際の注意点としては、眉やおでこの筋肉だけを使用しないといいといえます。このやり方をすると、上瞼の筋肉を鍛えるというよりも、おでこにしわを寄せる習慣をつけ、目が一時的に大きく見える状態を作っていることになります。

これが習慣になると、目が細いのを改善できても、同時におでこのしわもできやすくなるので注意しましょう。

頻度としては、1日3回程度以上、時間ができた際に「目をぱちっと開けてキープする混練を行う」といいです。他にも、目を強くつぶる、開くを繰り替えるとレーニングでも上瞼の筋肉を鍛えられ、目が小さいのを改善できるようになります。

なお、目の小ささを改善するマッサージとしては以下の動画のように対処するのがおすすめです。

スマホやパソコンの使いすぎには十分気を付ける

また、スマホやPCを長時間使っている場合では、どうしても目が細めがちになります。かつ、基本的に強いブルーライトがスマホなどから出ているため、これが自律神経(体全般の調子を整える神経)を乱します。結果として、血行不良を引き起こし、これが眼精疲労につながります。

目が疲れれば、当然ながら目の開きも悪くなり、目が細くなりやすいわけです。

そのため、長時間スマホやパソコンを使用する際には、長すぎる使用は避けるべきです。

どうしても使いたい場合には、スマホの画面にブルーライトカットフィルムを張ったり、ブルーライトカット機能が高い以下のような茶色がかった眼鏡をかけたりするといいです。

アイプチやテープ、ナイトアイボーデ(二重の癖つけ剤)を使用し二重にする

なお、上述のような訓練を行えばある程度の大きさまで目が開くようになります。ただ、これでも「目が細くてつらい」とコンプレックスを解消ない場合では、まずはアイプチや二重の癖つけ剤を使用するのがいいです。

ただ、男性の場合はアイプチを使用し、これがバレていれば女性から引かれる可能性が非常に高くなります。そのため、それを覚悟できている、もしくは上手に隠せるテクニックがある人は活用するといいです。

一方で、ナイトアイボーデなどの夜につけて、二重の癖つけを行い、根本的に二重にしてしまう方法であれば、日中にばれようがありません。



ただ、デメリットとしては、癖つけが完了し、二重になるまでは、一重で目が細いのがコンプレックスの状態が続くといえます。

よって、二重の癖がつくまでは日中にアイプチ、夜にナイトアイボーデを使用するといった併用の形をとるのもいいでしょう。

なお、最終手段としては整形もありますが、あなた好みの二重になるかわからない、目が開かなくなるなどの医療事故も起こるリスクは必ずある、コストが高い、ことを認識した上で、対応するといいです。

あなたにあった適切な方法により、目が細い、小さいといったコンプレックスを解消していきましょう。

まとめ

ここでは、目が細いことをコンプレックスや辛いと感じる方が、実際に目が小さくなる原因と改善する方法について確認しました。

目が小さい理由としては、「上まぶたの筋肉が弱っている」「目を開く習慣ができていない」「一重である」ことが原因と考えられます。

これを改善するには、

・目の筋肉を鍛えるトレー二ングを行う
・スマホやパソコンの使いすぎには注意する
・二重にする対処(アイプチ、ナイトアイボーデなど)を行う

などを実行するといいです。

目が細いのが辛い、コンプレックスに感じるのを適切に解決し、より一度きりの人生を楽しんでいきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう