JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
恋愛・婚活

「二重だけど目が小さい」「二重にしても目が大きくならない」時の原因と対策【二重なのに目が小さい】

「もっと目が大きくなりたい」「二重にしてより綺麗に(かっこよく)みせたい」と思う人は多いものです。

ただ中には「元から二重だけど目が小さい」や「一重の方がアイプチなどで二重にしても目が大きくならない」などと、二重だけど目が小さいことで悩む方も少なからずいます。

それでは、この二重瞼なのに目が小さいままになるのはなぜなのでしょうか。

ここでは、二重まぶたなのに目が大きくならない原因と対策について確認していきます。

二重にしても目が大きくならない原因【二重なのに目が小さい】

「元から二重の方」でも、「いつもは一重でもアイプチ等で二重にした人」だとしていても、二重の状態で目が小さく見えるのは基本的に同様の理由で発生しており、以下で詳細を確認していきます。

瞼の脂肪が厚かったり(もしくはむくみやすい)眼輪筋が弱かったりするため、二重のラインがくっきりしない

まず、二重にしても目が大きく見えない原因として代表的なものに、「瞼の脂肪が厚いこと」があります。

二重まぶたは基本的に二重のラインに沿って、内側から筋肉が働き引っ張られることで、以下のように二重の状態になっています。

この時に瞼がかなり厚かったり、むくみで瞼が膨れた状態になっていたりすると、二重の溝が薄くなるのです。

同様に二重まぶたにはなっているものの、二重のラインを作るための筋肉が発達していないような状態では、まっぶたが薄くても、くっきりした二重になりにくくなります。

これらの理由から「目の上に線があるだけに近いぼやっとした二重」になる場合があり、「二重なのに目が小さい状態」となるのです。

目の開き自体が悪い

なお、瞼がすっきりしており、かつ十分に二重になるための筋肉が、発達しているような状況であったとしても、「目の開きが悪い」場合も「二重にしても目が大きくならない」状況になりかねません。

以下のようなイメージです。

つまり、目を開く癖がないために、機能的に問題がないにも関わらず目が小さく見えることになるのです。

また、目がしっかりとあける習慣が無いと、徐々に上瞼の筋肉も低下して、実際にくっきりしない二重に変化しやすいので注意が必要です。

二重の幅が広すぎると「二重なのに目が小さい」状況になりやすい

なお、一重の方がアイプチで二重を作ったときに、やたら幅を大きくすると、「ただ目の上に線がある」状態になりかねないです。

あなたの二重の幅が明らかに広すぎるケースではあなた自身も「不自然」「ただ目の上に線があるだけ」と判断できるので、きちんと後に記載するような対処方法をとりましょう。

二重まぶただけと目が小さい場合の対策【二重にしたけど目が大きくならない】

このように二重まぶたにもかかわらず目が小さい原因はいくつかに分類できます。

そして、これらの原因に応じた対策をとることで「二重まぶたにしたけど目が大きくならない」といった悩みを解決することができ、以下で確認していきます。

痩せたり、マッサージしたりして瞼の脂肪を落とす

先にも述べたように二重をくっきりさせるると目を大きくできることから、ダイエットや瞼の脂肪を落とすマッサージをするといいです。

特に瞼の脂肪を減らすためのマッサージとしては、以下のような動画があるので参考にしてみてください。

瞼の脂肪がある程度落ちることで、先にも述べたように二重のラインができやすくなるために、くっきりとして目が大きい二重に変化していきます。

なお、「糖質や塩分やアルコールの過剰摂取」「睡眠時間の摂りすぎ(寝過ぎ)」は瞼のむくみをひどくするので、これらの生活習慣も併せて見直すのも大切です。

眼輪筋を鍛えるトレーニングをする

なお、二重のラインをくっきりとさせ、目を大きく見えるには、上瞼の筋肉を鍛えるのもいいです。

具体的には、

・目をギュッとつぶって、パッと開くトレーニング
・おでこにしわがでないように、眼輪筋の力だけで目を見開く訓練
・習慣的に目をある程度見開く習慣づけ

を行うのがおすすめです。

なお、眼輪筋を鍛えるためのトレーニングとしては以下のような動画もあるので、あなたにあったものを採用してください。

普段一重の人は、アイプチや夜用の二重の癖つけ剤のナイトアイボーデなどで、普段から二重のラインを作り、そこに筋肉が働く時間を長くした方が、より眼輪筋を鍛えやすくなり「二重なのに目が小さい」状況から抜け出しやすくなります。

美容整形することで二重なのに目が小さい状況を改善する

なお、上述のような対処を行ったとしても「二重にしても目が大きくならない」のであれば、最終手段として整形するのもいいです。

埋没法によるプチ整形でも切開する整形であっても、ほぼ確実にくっきりした二重になり、目が大きくならない状況を改善できるわけです。

ただ、整形をするのであれば以下のようなリスクがあることもきちんと考慮すべきです。

・医療事故により逆に深刻な目の病気・怪我になる可能性がある
・思っていた理想の目にならないケースもある
・周囲から整形したことを指摘される

等があるわけです。

そのためこれらの覚悟が決まり、どうしても「二重なのに目が小さい」のを変えたいと決断出来ましたら、実際に整形していくといいです。

あなたの人生ですので長いスパンでみて「本当にどうしたいのか」を考え行動し、より幸せな人生を送っていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう