JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

kW(キロワット)とkWh(キロワットアワー:キロワット時)の変換(換算)方法は?【計算問題】

私たちが生活している中にはさまざまな科学技術がひそんでいます。

例えば、電力関係の消費電力量や消費電力的な容量の単位として、kWh(キロワットアワー:キロワット時)やkW(キロワット)という単位を使用することがあります。

これらの単位は状況に応じて、使い分ける必要があるため、その換算方法についてきちんと理解しておくといいです。

ここでは消費電力量などの単位のkWh(キロワットアワー:キロワット時)と消費電力の単位のkW(キロワット)の違いや換算(変換)方法について確認していきます。

kW(キロワット)とkWh(キロワットアワー:キロワット時)の違いとの換算(変換)の方法

まず、kW(キロワット)とは電力(消費電力)の単位であるW(ワット)に1000倍を表す接頭語のk(キロ)がついたものを指し、1kW(キロワット)=1000W(ワット)の関係があります。

さらに、kWh(キロワットアワー)とは電力量(消費電力量)の単位といえます。つまり、kWとkWhは電力か電力量の単位かでまず違いがあるのです。

ここで、kWhもWh(ワットアワー)にk(キロ)がついたものであるために、1kWh(キロワットアワー)=1000Whとなるのです。つまり、KWhとkWの関係は結局のところ、WhとWの関係と同じといえるわけです。

ここで1Wの電力で1時間(h)流した際の電気量(電力量)が1Whといえるため、1kW(キロワット)の電力で1時間(h)通電した際の電力量が1kWh(キロワットアワー:キロワット時)と換算できるのです。

すると、一般的なkW(キロワット)とkWh(キロワットアワー:キロワット時)の変換(換算)式はAkW(キロワット)×Bh=CkWh(キロワットアワー:キロワット時)となるのです。 

逆にkWhからkWに変換するためには、時間で割っていけばいいのです。

このようにして、キロワットとキロワットアワー(キロワット時)は換算できるのです。

消費電力と消費電力量としてよく出てくるので覚えておきましょう。

kW(キロワット)とkWh(キロワット時:キロワットアワー)の変換(換算)の計算を行ってみよう

それでは、kWとkWhの換算式に慣れるためにも、練習問題にチャレンジしていきましょう。

例題1

4kWの消費電力で2時間通電した際の消費電力量はいくらになるでしょうか

解答1

上の換算式に従って計算を実行していきましょう。

すると、4×2=8kWhと変換できるといえます。

続いて、キロワット時からキロワットへの換算も行ってみましょう。

例題2

ある電力量で3h通電したところ、消費電力量は9kWhとなりました。このときの消費電力はいくらになるでしょうか。

解答2

9 ÷ 3 =3 kWと変換されました。

まとめ

ここでは、消費電力と消費電力量の単位であるkW(キロワット)とkWh(キロワット時)の違いと変換方法について解説しました。

kWが電力(消費電力)の単位で、kWh(キロワット時)は電力量(消費電力量)の単位といえます。

つまり、kWに時間をかけるとkWhになり、逆にkWhを時間でわるとkWと換算できます。

単位変換は多くの場面で必要となるケースが多いので、きちんと扱いに慣れておきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう