エクセル

【Excel】エクセルで数字・数値をばらす(1文字ずつに分ける:区切る・分割・桁ごと)方法【関数】

当サイトでは記事内に広告を含みます

この記事では、Excel】エクセルで数字・数値をばらす(1文字ずつに分ける:区切る・分割・桁ごと)方法【関数】について解説していきます。

エクセルで数字をばらす方法としては以下の方法があります。

・MID関数を使う

・「データ」の「区切り位置」のを使う

・「フラッシュフィル」を使う

それではサンプルを見ていきましょう。

目次

エクセルで数字・数値をばらす(1文字ずつに分ける:区切る・分割・桁ごと)方法【関数】

MID関数を使うことで、対象のセルの数字を区切ることが可能です。

MID関数は選択した数字を指定した文字数分だけ表示する関数です。

例えば、以下の「2023」を「2」、「0」、「2」、「3」に区切るとします。

区切って表示したいセルにMID関数を入力していきます。D3に「=MID(B3,1,1)」と入力します。これでB3セルの1桁目の「2」から1文字を表示するという意味になるため、「2」と表示することができます。

同じように隣のセルにも入力していきます。以下で指している数字が「左から何桁目を表示するか」ですので、表示したい桁が左から何番目にあるかで変える必要があります。

よって、各セルには以下のように入力します。

D3:「=MID(B3,1,1)」→B3セルの左から1桁目の1文字を表示する。

E3:「=MID(B3,2,1)」→B3セルの左から2桁目の1文字を表示する。

F3:「=MID(B3,3,1)」→B3セルの左から3桁目の1文字を表示する。

G3:「=MID(B3,4,1)」→B3セルの左から4桁目の1文字を表示する。

これで、「2023」を「2」、「0」、「2」、「3」に区切ることができます。

また、上記で示しているのが「文字数」になるので、表示したい文字数(桁数)に応じて変更することができます。