JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
恋愛・婚活

朝に目が小さくなる原因と朝目を大きくする方法

一日の中でも「目が小さい」と感じるときと「目が大きい」と実感するときはないでしょうか。

その時の体調や気分によって目の開き具合は変化しますが、中でも「朝」に目が小さくなる方が多いといえます。だ、「朝から目が細い、腫れぼったい」状態が酷いと「会社や学校に行きたくない」と感じる割合が高いでしょう。

それでは、なぜ朝に目が細く腫れぼったくなりやすく、夜になるにつれ目が大きくなるのでしょうか。

ここでは「朝目が小さいなりやすい原因」と「朝目を大きくする方法」について確認していきます。

朝目が小さいのはなぜ?朝と夜で目の大きさが違う理由

朝に目の大きさが、昼や夜よりも小さくなる原因は主に3種類に分類でき、以下で確認していきます。

むくみ

目が小さく見える主な原因に、むくみが挙げられます。つまり、瞼が腫れぼったく、分厚くなることで目が小さく見えるのです。

むくみやすくなる理由としては、さらに細かく分けることができ

・寝る前のお酒、糖質、塩分の摂り過ぎ
・寝すぎ

などにより、起こりやすい傾向となります。

私自身も寝る前に以下のような、塩分が多いもの(煮卵など)とお酒を飲んでしまうことが多く、実際に翌日の朝目が小さくなっていることが多いことも実感しています。

筋肉が凝り固まっている

なお、寝ている間は基本的に目が閉じたままであるために、目を開かせる眼輪筋が使われていない状態になっています。体の筋肉でも同じことがいえますが、動かさずに凝り固まっている状態では、スムーズに動かしてにくいといえます。

これは目や顔の筋肉にも同様にいえることであり、睡眠しているときなど長い時間使っていなければ、ある程度は開けにくくなるものなのです。

ただ、このとき目が小さくなる「程度を改善すること」は、後に解説するような方法で対策を取れるので、きちんと対処していきましょう。

交感神経が朝は活発でない

また、体を活発・興奮させる神経のことを「交感神経」と呼びますが、朝はこの交感神経があまり優位に働いていません。つまり、生理現象としても朝は少し目が小さくなりやすいのです。

ただ、生活習慣が乱れている方の場合、特にこの交感神経の機能がうまく働かないことがあります。交感神経が適切に働かない結果として「なんとなくだるい」「目をパッチリ開けにくい」などの症状が顕著に起こりやすくなります。結果として、より朝目が開けられなく傾向となります。

朝と昼や夜で顔が違う(目の大きさが違う)と感じるのは、朝にこれらの症状が強く現れており、時間が経過することで改善されていることが原因といえます。

つまり、これらの原因を取り除くことで、朝目が小さくなるのを防ぐことができるのです。

朝目を大きくする方法

このように、朝に目が小さくなるのには、複数の理由があります。よって、同様にこれらの原因に対する「朝目を大きくする」対策もいくつか方法があり、以下で詳しく確認していきます。

朝シャワーを浴びる

朝起きたらシャワーを浴びることで、比較的簡単に目を大きくできます。

少し暖かい温度、適度な水圧のシャワーを、顔や目の周りに当てることで、目や顔周り、全身の血行を促進することができます。

なお、勢いとしては以下のような状況を目安にするといいです。

かつ、朝シャワーを浴びて「気持ちいい」気分を感じ、体の調子を整える神経(自立神経)が整うと先にも述べた体を活発にさせる神経(交換神経)も適切に働く傾向にあります、

結果として、

・むくみの改善
・血行促進による筋肉のほぐれ
・交感神経の活発化

などの効果によって朝目を大きくしやすくなるのです。

寝る前に糖質や塩分、アルコールを摂り過ぎない

なお、上述のよう、糖質、塩分、アルコールの摂取が朝目が小さくなりことにつながりやすいです。

よって、むくみにより細目にならないよう、寝る前にこれらを摂り過ぎることは注意しましょう。次の日の「朝目が小さくなる」ストレスを想像することで、食べ過ぎ、飲みすぎにならないよう気をつけるといいです。

寝すぎない

なお睡眠時間の摂り過ぎは、顔や目元のむくみを悪化させやすいです。そのため、上に記載の食べ過ぎなどと同様に寝すぎには十分に注意するといいです。

特に土日などはリズムがくるい、寝すぎる方が多いので、できる限り規則正しい生活スタイルで過ごすようにしましょう。

なお、どうしても土日に遅く起きてしまう方は、以下のようスマホタイマーをかけるなど普通にできる対処方法をきちんと取るよう意識するのがおすすめです。

美容成分シンエイクが含まれているクリーム、美容液を使う

なお、最近注目されている美容、医療成分としてシンエイク(蛇の毒を模倣したもの)というものがあります。このシンエイクが配合された美容液やクリームを朝目元に塗ると比較的容易に目を大きくすることが可能です。

シンエイクは塗るボトックスとも言われてこり、筋弛緩作用が期待できます。つまり、「筋肉のこりの改善」や「血行促進」ができるために、目が小さい症状を改善できるものです。

私自身は、シンエイク等の有効成分が含有されている、アイアクト(医療用に近い)という製品を継続して使用していますが、明らかに朝目が小さい、開けにくいといった症状が改善されています。

以下のようなものです。

中身は以下のような普通のジェルといえます。

使用方法は化粧水や美容液などを使うように、上瞼や顔周り、首回りなどこりが気になる部分に塗るだけです。

塗ってから30分ほどで、

・血行促進
・こりや緊張の改善

により、目が大きく開いてくるのを実感できます。ただ、アイアクトは効果が高い分、値段も高めです(単品購入9800円、定期で継続して購入していくと5000円弱まで下がる程度)。

アイアクトの詳しい効果は別途こちらで解説しているため、参考にしてみてください。

・アイアクトとは?

そのため、アイアクトは「重度に朝目が小さく、どうしても朝に目を大きくしたい」と感じている方のみにおすすめできるものです。

そのため、

・まずはシンエイクが朝目を大きくするのに効果があるか
・そこまで重度ではないので、コストを抑えつつ、起床時に目が小さいのを改善したい

のであれば、以下のシンエイク配合のクリームや原液を活用するといいです。こちらでも、瞼や顔の凝っている部分に塗るだけでいいです。

私自身もアイアクト以外にシンエイク配合の比較的安いクリーム・原液の使用経験がありますが、こちらでもある程度朝の目の状態が回復できました

そのため、

・アイアクトほどの効果はないものの、ある程度目を大きくできる

・コストがアイアクトよりは安いものが多い(1ヶ月3000円以下程度)

などの回復を希望しているのであれば、シンエイク配合のクリームや原液がおすすめです。

なお、シンエイク配合液の使用だけでなく、上述のような朝シャワーを浴びるなと適切な対応も組み合わせると、朝、昼、夜で顔が変わるの抑えることができるといえます。

まとめ

ここでは、「朝に目が小さくなる原因」や「朝目を大きくする方法」について解説しました。

朝目が細くなる原因としては、

・むくみ
・筋肉のこわばり
・交感神経が活発になっていない

ことが挙げられます。

そして、これらの原因を克服するには、

・朝シャワーを浴びる
・糖質、塩分、アルコールの摂りすぎに注意する
・寝過ぎない
・シンエイク配合のクリーム・原液を使用する

などを行うといいです。

適切な対処を行う、朝目が小さくなるストレスを軽減させていきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう