JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
台風

台風の目のような人とは?

最近では、突然の豪雨や大きな地震が続いたりと、異常気象が多く起こっていますよね。

中でも、台風は日本でも多く発生し、私たちの生活に影響を与えています。そのため、いざというときの台風の被害に備えるためにも、関連する知識を身につけておくといいです。

例えば、台風では「雨や風が強い暴風域になる領域」と「台風の目と呼ばれる天気が快晴で、静かになっている領域」に分かれます。

ここで、身近ではよく「台風の目のような人」と台風の目という言葉を含んだ表現をすることがありますが、どのような意味があるのでしょうか。

ここでは、台風の目のような人について解説していきます。

台風の目のような人とは?

結論からいいますと、台風の目のような人とは「人間関係において、自分の周囲の肩がtを大きなトラブルに巻きこんでいるにも関わらず、自身はあっけらかんとしている人」のことを指します。

このことについて、台風と構成の観点から確認していきます。

台風の構造の簡単な説明

台風の具体的な構成や大きさの詳細はこちらで解説しているため、以下では台風に関する簡単に概要を記載します。

台風の目とは、台風の中心に存在する雲がかかっていない部分の領域のことを指します。ここでは、雨を降らす雲がないために天気も良く、風速も低いです。

一方で、周囲の雲がかかった部分では、天候が崩れ、雨風が非常に激しくなっています。

台風と台風の目の関係が以下のようなイメージです。

このような台風と台風の目の関係性を、人間関係にあてはめた際に「台風の目のような人」という言葉ができたのです。

それでは、具体的に、台風のような目の人とはどのような人のことを指すのでしょうか。

台風の目のような人とはいい意味でも悪い意味でも使われる

上述のように、トラブルメーカーのような悪い意味で「台風の目のような人」と使われることがあります。

ただ、実際はよい意味でも使用されることがあるのです。

例えば、テニスにおいて参加者が日本人のみの選手権があったとします。すると、錦織圭選手のような、基本的に強い選手が優勝したとしても、周囲はあまり驚かないでしょう。

一方で、今まで無名であり全く注目されていなかった人が、圧倒的な強さで優勝したとします。すると、周りがそのギャップに驚いて、その方のことを「台風の目のような人」「ダークフォース」というように、よい意味での表現することがあるのです。

そして、この台風の目という言い回しは、個人だけでなく、組織や集団に対しても使います。

例えば、プロ野球においてソフトバンクなどの強豪チームでなく、いつも最下位付近に落ち着いているような球団が、ダントツで優勝したとします。

このような場合には、「このグループは台風の目のような存在である」という風に使うのです。

台風の目とは、良い意味でも良くない意味でも使用されることがあることを理解しておきましょう。

まとめ

ここでは、「台風の目のような人」とう表現の意味について解説しました。

台風の目のような人とは、実際の台風の目と台風自体の関係性から派生した言葉です。自分自身はけろっとしているが、周囲に影響を与える人という意味で使用されることが基本です。

台風の目という表現は、個人にも集団にも適用されます。また、良い意味でも悪い意味でも使用されることがあるので、文脈から読み取るといいでしょう。

あなたも良い意味でも悪い意味でも台風のような目の人になり、周囲の人々に大きな影響を与えていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう