JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
ビジネス用語

カラオケハラスメント(カラハラ)の意味は?原因と対策

近年ではインターネットの普及もあり、個人の自由や多様性に対して寛容な世の中になりつつあります。

このように人々の自由度が増してきている一方で、さまざまなハラスメント(嫌がらせ)にも敏感になっている風潮があります。

たとえば、職場での権力を悪用するパワーハラスメント(パワハラ)やセクハラなどがハラスメントの代表的ですが、宴会などの場においてカラオケを強要する「カラオケハラスメント(カラハラ)」などの新しいハラスメントも生まれてきています。このカラハラなどがどのようなものか理解していますか。

ここでは、「カラオケハラスメントの意味や被害を受けた場合の対処方法」などについて解説していきます。

カラオケハラスメント(カラハラ)とは?

カラオケハラスメントとは宴会などおいてカラオケ嫌いの方に、「歌って!」と歌うことを強要する行為のことを指します。略してカラハラと呼ぶこともあります。

このようなカラハラですが、他のハラスメントと同様に、「具体的にどこからがカラハラに該当し、どこからがカラハラではない」と判断することが難しいです。

ただ、何度も歌うことを断っているのに、「歌わないと勤め先から転勤させる」「実際に歌わなかった次の日から会社での評価が下がる」などの行為につながっているのであれば、カラハラと認定されるでしょう。

一方で、カラオケ嫌いの人に「ちょっと歌ってみたら?」と誘ったつもりでいった発言に対して、「カラハラだ!」と主張されたら、これはカラオケが苦手は人が過敏に反応している状態であり、カラハラではないと判断されるケースが多いといえます。

なぜカラオケの強要が起こるのか

このようにカラオケが苦手な人に対して「無理やり歌わせる」という行為につながっていたら、カラハラと捉えられやすいです。

ただ、そもそもなぜカラオケの強要は発生するのでしょうか。カラオケを無理やり歌わせる状況になる理由はさまざまですが、共通する原因として「カラオケに行くグループ(職場など)において、参加や歌うことが必須な雰囲気になっている」ケースが多くあります。

つまり、カラハラが起こる要因のメインは職場の環境といえます。

声にして強要される場合もありますが、無言の圧力によってカラオケの強要がされることもあり、よりカラハラ問題が複雑化しているともいえます。

私自身の経験では、体育会系などの上下関係がはっきりとした職場、部署に属する場合にカラハラを受けやすいといえます。

いずれにせよ複雑な要因が絡まって、「無理やりカラオケで歌うことが強制されている状態」となっているのです。

カラオケハラスメントが起こらないようにするための対策

それでは、実際にカラハラに合わないようにするためには、どのように対策をしていけばいいのでしょうか。以下で詳細を確認していきます。

「カラオケ嫌い」や「本当に参加したくないこと」を明言する

歌うことを強要してくる方は、カラオケ嫌いの方の気持ちをあまり理解していないことが多いです。

本人は言葉では「カラオケが苦手、嫌い」と言っているけれど、「それほど苦痛には思っていないだろう」という安易に考えているのです。どのような事にもあてはまりますが不快に思っている程度は、きちんと相手に伝えない限り、他人にはよくわからないものです。

カラオケ強要時に、本人が愛想笑いをしていたりすると、なおさら「それほど歌うことが嫌いではない」と誤解されていることも多いです。

そのため、このようなケースでは「本当に歌うことが嫌だ」という気持ちを真剣に相手に伝えましょう

単純に誤解されているだけの場合には、カラオケハラスメント問題が無事解決に至ることもあります。

カラオケ嫌いを克服する

また、「歌うことが嫌だ」と感じている方の中には、単純にカラオケを歌ったことが無いため「はずかしくて歌いたくない」と思っている方がいます。

このような場合では、安易に「カラハラではないか」と考えるのではなく、数回程度は勇気を出して歌ってみるのもいいです。

私自身もカラオケが苦手と言っている方が何人かいたのですが、実際にカラオケに勇気をだして行ってみたとき、「それほど嫌いではなかった」と言っている方が多かったです。中には、逆にカラオケに大ハマりしている方もいたほどです

そのため、食わず嫌いによって「カラオケでは歌いたくない」「カラオケの強要はカラハラだ」と考えている場合には、歌ってみるのもいいこともあります。

何回かチャレンジしてみて、「やはり歌うことが好きでない」と感じたのであれば、上述のようにきちんとカラオケが苦手なことを主張するという流れにしてもいいのです。

部署移動を依頼する

なお、会社員であり、所属の部署のみがカラハラなどがひどい可能性もあります。実際に私の友人には、カラオケや飲みの強要などが多い部署への配属経験がある方がいます。週1以上のペースで飲み会があり、その都度カラオケにもほぼ強制参加となっていたようです。

ただ、会社としては比較的ホワイトな風潮があり、この部署のみがカラハラに近いことが行会われやすい雰囲気を持っていました。

このような状況では、部署異動を希望することもおすすめです。友人の場合では、上のようなカラオケハラスメント対策を行ったとしてもなかなか解決されなかったために、異動を希望し、実際にすんなり通りました。

結果として、カラハラが全くない部署になり、歌の強制問題を解決した事例もあるため、異動届けを出すなどの対応をしてもいいといえます。

無理やり歌わされるのが収まらなければ転職やフリーランスへの転身するといい

このように、カラハラに対する対策としてはいくつか考えられますが、対処をしてみたところで相手が変わらないケースも多くあります

また、中小企業に勤務の方であれば、なかなか部署移動を受け付けてもらえず、カラハラが起こる状況から抜け出せない場合もあるのです。

このような場合では、転職をするか、フリーランスに転身して歌うことの強要が無い環境に身を置く必要があるのです

ただ、闇雲に転職活動を行ったり、フリーランスになるためにいきなり今の会社をやめたりするのは現実的ではありません。きちんとスキルを身に着けてから、行動に移すのが効率的といえます。

そして、カラハラなどが起きにくい職種としては、技術系、特にIT系がおすすめです。私自身、技術系の職についており、周囲にも技術系の知り合いが多いですが、飲みやカラオケの強要などの話をほとんど聞かず、かつ職場の雰囲気も穏やかなケースが非常に多いためです。

なお、IT系の中でもプログラミング関係の仕事であれば、以下のような圧倒的な好条件がそろっている場合が多いです。

・カラハラなどが少なく比較的ドライな職場の雰囲気

・未経験(文系出身など)でもエンジニアになることが可能

・ほぼ高給取りになれる(1件あたり数十万は普通。大手企業案件になると1件あたり百万以上もさらにある)

・将来性が非常に高い

・会社務めでもリモートワーク(在宅ワーク)ができたり、フリーランスとしての仕事の可能

そのため、いまの時代であればまずは「プログラミングがあなたに合うかどうか」を確認し、この業界でやってみたいかどうかを判断しておくのがおすすめです。

このとき、プログラミングに対しる情熱が湧いてきたからといって、いきなり有料のスクールに通ったりすることはやめましょう

まずが、無料でかつ自宅で学べるオンラインのプログラミング体験をした上で徐々に判断んするといいです。

初めてプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」

 

実際に無料でかつ自分で体験すると、プログラミングの仕事のデメリットも見えてくるものです。具体的には、コードを書くことがあなたにとって苦手である場合、かなりの苦痛を感じるケースもあります。

ただ、あなたに合っていると感じた場合はプログラミングは非常に強い武器となるので、じっくりと考えていきましょう。

なお、プログラミングが合わないにしろ、カラハラが起きずかつ好条件な別の求人を探せばいいだけであるため、安心してください。

(プログラミング以外の転職情報については別途ページで詳しく解説していきます)。

あなたに合った環境を探し、より良い人生を模索していきましょう。

まとめ

ここでは、カラオケハラスメントの意味や起こる原因、その対処方法について解説しました。

カラハラとは、カラオケなどで歌いたくない人に無理やり歌わそうとする行為であり、職場の宴会などで起こりやすいです。特に、カラハラは環境によって発生するリスクが高まり、上下関係を重視するような風潮の職場では警戒が必要です。

もし、カラハラが起こった場合では、「きちんと歌いたくないことの意思表示をする」「カラオケ嫌いを克服する」「部署移動を希望する」などして対策をとるといいです。

ただ、カラハラへの対処を行っても相手が変わらなかったり、会社内での部署異動が難しいケースも多くあります。

そのような場合では、カラハラが起きにくいような職場への転職、もしくはフリーランスへの転身を考えるといいです。転職をする前にはスキルを身に着けておくとよく、特にカラハラが起こりにくい、将来性がある、高給取りになれる可能性が高いプログラミングがおすすめです。

まずは、無料の講座を受講してみるなど、負担にならないことから初めていくといいです。

プログラミングを始めとして技術の習得、転職やフリーランスへの転身などを実現させ、あなたがより楽しくなる人生を追求していきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう