JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

1キロは何歩?1000歩は何キロ?距離と歩数の換算方法

ウォーキングやランニングなどを行ったとき、どのくらいの距離を走ったのか気になるものです。

このとき、万歩計などを装着していたものの、移動距離自体を確認していなく、動いたときの歩数のみが記録されていることがあります。

実は「何キロ歩いたか」「何kmランニングしたか」は歩数から距離の目安に換算することが可能であり、この変換方法について解説していきます。

距離、歩数、歩幅の換算方法

「歩いた」もしくは「ランニングした」距離は、歩幅と歩数の積によって換算することが可能です。計算式にすると以下の通りとなります。

このとき、歩幅は「個人」や「ウォーキングかランニングか」などの要素によって変化するため、各々のパターンでの変換方法を考えていきます。

ウォーキング時の歩幅

まず、ウォーキング時の歩幅は、歩幅はおおよそ65~85cmのと範囲に収まることが多いです。(例えば、私の身長は176cmですが、普通に歩いた場合は75cm程度でした。)

そして、今回は平均的な歩幅70cmを採用したとすると、「距離=70cm ×歩数」によって計算することが可能です。

ランニング時の歩幅、距離、歩数の関係

同様に、走っているときの歩数、距離の変換の目安について考えていきます。

ランニング時の歩幅は、歩くときの歩幅よりも大きくおよそ80~160程度といえます。

つまり、ランニング時の歩幅を120cmとしたときは、歩数と距離の関係は以下の通りとなるのです。

このようにして、歩数と距離の関係の目安を求めることができます。

1キロ歩くと何歩になるか、1000歩は何キロに相当するか

それでは、歩数、歩幅、移動距離の換算になれるためにも、代表的な数値を用いて計算してみましょう。

まずは、距離からの歩数への換算考えていきます。

1キロ歩くと何歩になるのか

先にも述べたように、歩くときの1歩はおよそ70cm程度です。

この数値を採用すると、1km=1000m=100000cmを一歩70cmで移動することから、100000 / 70 = 約1429歩と換算できるのです。

単位換算には十分に気を付けましょう。

1キロはランニングでは何歩になるか

続いて、ランニング時の歩数を考えていきます。

こちらでも距離1キロを走ったときの、歩数への換算を行ってみましょう。

ランニング時の歩幅を120cmとすると、100000cm / 120 = 833歩となるのです。

 

1万歩は何キロ?14000歩は何キロ?

今度は、歩数から移動距離への換算も行ってみましょう。

ウォーキングの目安などで代表的な数値である、1万歩について考えていきましょう。

まずは1万歩歩いたときの距離を計算してみましょう。

ウォーキングで1万歩では何キロ?

上述のよう、歩いたときの歩幅は70cmです。

よって1万歩歩くと70cm ×10000 = 700000cm= 7000m = 7km程度と換算されます。

ランニングで1万歩では何キロ?

同様に走ったときの歩数から距離を計算していきましょう。

同様に計算すればいいので、120cm ×10000 = 1200000cm= 12000m = 12kmとなるのです。

きちんと理解して、自分がどの程度の距離を歩いたのか、走ったのか計算できるようにしておきましょう。

まとめ

ここでは、歩いたり走ったりするときの歩幅、歩数、距離の関係について解説しました。

基本的に距離=歩幅×歩数で換算することができます。そして、ウォーキング時の歩幅はおよそ70cm前後、ランニング時の歩幅はおよそ120cm程度です。

そのため、歩いたり走ったりという状況に合わせて、上の数値を入れて、計算していきましょう。

歩数と距離の変換に慣れ、日常生活で活用していきましょう。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう