JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
生き方

引きこもりで仕事ができない場合どうすればいいのか

家に長期間引きこもりになっている場合、さまざまな悩みを抱えていることが多いです。「このまま引きこもった状態を続けていても経済的にも社会的にも大丈夫なのか」「もっとうまく立ち回る手段はないのか」などと考えることもあるでしょう。

引きこもりの方が考える大きな悩みとしては、「仕事に関係する苦悩」が挙げられます。このように、家に引きこもってしまう仕事ができないケースでは、どのように対処すればいいのでしょうか。

ここでは「引きこもりで仕事ができないと考える原因やその解決策」について解説していきます。

引きこもりで仕事ができないと考える原因と対処方法

まず家などに引きこもってしまい、仕事ができないと考える原因には、いくつかの理由が挙げられます。これらについて、以下で詳細を確認していきます。

会社での仕事が正しいものと考えている

「ひきこもりでは仕事ができない」と感じる原因として、「会社で働くことが正しい姿である」と考えていることが挙げられます。

これは、今までに形成されてきた社会との関係性が強いです。既存の社会では、「会社に就職してサラリーマンをすることが正しい」と考えられている時代でした。実際に今までは会社に勤めていれば、老後まで安泰となるような社会保障の仕組みが機能していたことも事実です。

このような概念が常識と考えられていたため、ひきこもりのような会社に勤めずに家で過ごすことに否定的な時代だったのです。このような名残りもあり、ひきこもりでは仕事ができないと、潜在的に感じてしまっていることがあります。結果として、家に引きこもってる本人も周囲も、ひきこもりでは仕事ができないと思っているのです。

ただ、いまではインターネットの普及があり、会社に勤めないでも、仕事は可能です。後に詳しく解説しますが、プログラミングのようなIT系の仕事であれば、パソコンとネット環境さえあれば問題なく仕事ができるのです。

つまり、「家にひきこもっていると仕事ができない」と思っていること自体がそうさせている原因であり、実際はひきこもりでも仕事、社会貢献はできることを理解しておくといいです

引きこもり自体に罪悪感を感じ、自暴自棄になっている

なお、引きこもりであることに何かしらの罪悪感を感じている場合、その反発心として「仕事なんてやらない」と捉えていることがあります。結果として、自暴自棄になり、仕事ができない状態に陥っていることがあります。

ただ、実際のところ引きこもりの方は、引きこもりでいても問題なく生活しているわけで非常にいい境遇にいるといえます。むしろ勝ち組と考えられるケースもあるのです。

なお、時間的にも余裕があるわけで、ブラック企業の会社員と比べると明らかに成功者になれる環境に実はいるのです。

そのため「家に引きこもっていること」に対してのネガティブなイメージを徐々になくし、「自分は成功しやすい環境にいる」ということを自覚しましょう。

そして、後に詳しく解説しますが、引きこもってでもできる仕事に徐々にチャレンジしていくことで、より人生が楽しいものに少しずつ変化していきます。

だらけすぎていて、仕事できるか不安

さらに、長期間引きこもりが続き、ネットサーフィンやゲームばかりをしていたとすると、仕事への不安がぬぐえないことがあります。結果として、引きこもりでは仕事はできないと感じてしまうことがあるのです。

ただ、これも生活習慣による影響が大きいだけであり、「まずは家に引きこもってでもできる仕事をしてみよう」と本気で決意すれば変えることができます。

これは、ひきこもりだけでなく、どのような人にも該当する内容です。つまり、何か習慣となっているものを変えるためには、普段と異なる慣れていないことをすることになります。

当然ながら不慣れな物事に対しては、どんな人でもストレスを感じてしまうのです。ただ、このときに一定時間踏ん張りさえすれば、必ず自分の思い通りにできるようになっていきます。

つまり、引きこもりで仕事を長期間していなくても、決意と習慣の変化さえ行えば、仕事ができ、さらに成功者にもなれる可能性が十分にあるのです。

引きこもりにおすすめの仕事

このように比較的いい環境にいる家に引きこもっている方ですが、おすすめの仕事の観点からも明らかに「人生の逆転」「成功」に近い位置にいると考えていいです。

以下で、引きこもりの方におすすめの仕事とその理由について確認していきます。

ブログ、サイト、YouTubeなどのメディア運営

今まで長い間引きこもりでいた方の場合、いきなり営業職のようなたくさん人と接触するような仕事はおすすめできません。

また、家に引きこもっており、長時間一人で家にいることが苦にならないのであれば、ブログ・サイトやYouTubeなどの一人でコツコツとやり作業に向いているといえます。なお、初期投資や維持費がほとんどかからず、かつ利益率が高い、資産性(ストック性)が高いなどの点からビジネスモデル的にも非常に優秀なのです。

なお、メディア運営で成功する確率は、明らかに大手の企業役員になる確率よりも高いです。また、うまく軌道に乗った場合は年に数千万円以上稼げるケースも多いです。

そのため、今のところ働かなくても生きていける状態で、一人で作業する時間がとれる引きこもりの方には、上記のようなメディア運営を行うといいです。

ただ、メディア運営では収益が、出始めるまでにかなりの時間を要することが唯一のデメリットといえます。ここさえ、乗り越えることができれば、自由な場所で自由な時間で働けることも理解しておきましょう。

プログラミング

他にも、人と接触する機会がかなり少なく、将来性が高く、かつ高収入を得やすい職業にプログラマーがあります。こちらもメディア運営と同様に、引きこもりのような一人でいることに苦痛しない方におすすめです。

なお、プログラマーでは、会社に勤めるケースとフリーランス(個人事業主)になる場合の両方があります。ここで、会社勤務を選んだとしても、実はリモートワーク(在宅など遠隔での仕事)があるため、いずれにせよ場所の制約が少ないのが大きなメリットといえます。

さらに、プログラミング案件はその内容にもよりますが、1件あたり数十万以上はざらにあり、大手企業案件がつかめるようになれば1件で100万を超えることも大いにあるのです。

なお、文系の方や技術系の方でプログラミング未経験であっても、実はプログラマーになることは可能です。単純に、「オンラインスクールなどで独学で学ぶ」もしくは若干のお金に余裕があれば「プログラミングスクールに通う」ことを行い、その後「未経験OK」であるITプログラミングベンチャーに就職するという流れが最も効率がいいです。

このとき、全くプログラミングに関して知らない方であれば、有料のスクールに通うのではなく、無料で受講できるオンラインスクールなどで「プログラミングとはどういうものか」を把握するといいです。

初めてプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」

 

実際にやってみて気質に合うかどうかを確認した上で、その後のことを考えていけばいいのです。まずは一歩を踏み出してみましょう。

まとめ

ここでは、「家に引きこもっている方が仕事ができない原因とその対処方法」「引きこもりにおすすめの職業」について解説しました。

引きこもりの方が仕事ができないと考える理由には、「会社で働く仕事がきちんとした仕事と思い込んでいる」「引き込もりに対して罪悪感を感じ自暴自棄になっている」「長期間ひきこもりでだらけていたため、仕事ができるか不安」などが挙げられます。

ただ、今の時代は引きこもりでも仕事はできる世の中になっていたり、引きこもりに対するマインドセットを変え、習慣を変えていくことで、これらを克服することは十分に可能です。

そして、引きこもりの方は実はかなり運がよく、今後ニーズが増し、高収入を得やすい仕事に適性があっているケースが多いです。

具体的には、ブログやYouTubeなどのメディア運営やプログラミングなどが該当します。ブログ等に取り組む場合、かかるコストがサーバー代等のみで少額であり、プログラミングにて無料のオンラインスクールの受講であれば無料で学ぶことができるので、あなたの肌に合いそうなことからチャレンジしていきましょう。

失敗したとしても次の希望が必ずあるため、何度でもチャレンジしていき、より楽しい未来を体験していきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう