JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
食品

高カカオチョコレートはまずい?苦い?美味しい食べ方は?

最近では、チョコレート効果を代表として高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)を食べると「体にいい」といった情報を書くメディアを通してよく耳にします。

ただ、いくら体にいいとわかっていても、その味が「苦い」「まずい」と感じてしまうのであれば、継続してその体いい効果を得ることができないでしょう。

実際のところ高カカオチョコレートはまずいのでしょうか。そのような場合、おいしく摂取するにはどのように対処するといいのでしょうか。

ここでは「高カカオチョコレート(ハイカカオチョコレート)はまずいのか」「もしまずい場合、美味しく食べる方法」について解説していきます。

高カカオチョコレートはまずい?美味しい?苦い?

いまではチョコレート効果シリーズや、カレドショコラなどとカカオのパーセントが高い高カカオをチョコレートが比較的人気になっているといえます。

これはチョコレートに含まれるカカオポリフェノールの抗酸化作用を期待した、アンチエイジングブームの一種と捉えることができます。

私自身は高カカオチョコレートの健康・美容への効果があると実感しているため、好んで実際に食べています。

例えば、チョコレート効果シリーズであれば、72%、86%、95%すべて長く食べている製品といえます

チョコレート効果86の外観は以下のようなものとなっています。

中身は以下のようなものです。

そして、各々のチョコレート効果72,86,95を食べた感想としては、「86%までは普通においしい」が「95%はそのまま食べるのは苦くてまずいため、おすすめできない」といえます。

特にビターチョコが比較的好きな人であれば、86%までは「苦い、まずい」と感じるのは少ないのではないかと思います。少なくても私は大丈夫でした。なお、カカオ含有率が72%のものであれば、そこまでビターチョコが好きでないからでも美味しく食べられる範囲内かといえます。

まずさ、苦さの指標は以下のようなイメージでいるといいです。

実際に95%は直接食べるものとして考えられているのではなさそうで、以下のような記載があります。

つまりは、「カレーの隠し味」などに加えて味に濃くを出したり、健康増進効果を上げるために入れる添加剤のような位置づけといえるでしょう。

高カカオチョコレートをおいしく食べる方法

なお、高カカオチョコレートはある程度継続して食べることによって、慣れて普通に美味しく感じやすくなります。

また、高カカオチョコレートを食べる前に甘い食べ物や飲み物を摂取すると、それとの差によって、苦味、しぶみが際立ってしまうので注意するといいです。

逆をいうと、ある程度の苦さがある食べ物を食べた上で、高カカオチョコレートを食べると苦さ、まずさを感じなくなり、より美味しく食べることができるのでおすすめです。

具体的には、ゴーヤなどの料理を食べてから、高カカオチョコレートを摂取するなどの対処をしてもいいです。他には、チョコレート効果95%で口を苦い状態にしてから、カカオ分を下げた86や72を食べるとかなり甘く感じられるので、試してみてください。

なお、ハイカカオチョコレートは基本的にわけあり品(崩れてるもの)のまとめ買いの方がかなり得なのでそちらから購入した方がいいです。

まとめ

ここでは「高カカオチョコレートはまずいのか」「ハイカカオチョコレートを美味しく食べる方法」について解説しました。

チョコレートのカカオ含有率が72%ならほぼ美味しいと感じる人が多く、86%まではビターチョコ好きであれば美味しく食べれるでしょう。ただ、95%は苦くて、まずいです。

これはそもそも95%は直接食べるというよりも、何かに加えることを前提としているためです。

なお、高カカオチョコの苦味を感じなくするためには、まず別の苦いものを食べてからチョコレートに手をつけるのがおすすめです。

美味しくチョコレートを食べ、毎日をより健康的に過ごしましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう