JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
育毛・AGA治療

帽子をかぶると薄毛は進行するのか【ハゲが回復することもあり】

AGA(男性型脱毛症)に悩む方であれば、髪の毛の育毛を行うと同時に毛量が増えるまでは薄毛を隠したいと思うことが普通でしょう。

頭が薄いことを隠す手段としては、「増毛する」「髪を坊主にする」「帽子をかぶる」などさざまあありますが、中でも「帽子をかぶる」ことは簡単でかつ効果的に薄毛を目立たなくさせることが可能です。

ここでは「帽子のかぶり方によって薄毛の改善にも悪化にもつながる」「薄毛が進行しないようにするための帽子のかぶり方や頻度」ということについて解説していきます。

帽子を適切にかぶると薄毛の改善につながる

私自身、AGA(男性型脱毛症)に悩んでいた経験がありますが、その時は帽子は生活必需品でした。これは、帽子をかぶることでのさまざまなメリットが得られるためです。

以下で、このハゲの人が帽子をかぶることによって得られる利点について確認していきます。

薄毛を隠すことができる

AGA(男性型脱毛症)の方は、外出時など人の目に触れる場所では、より髪の量が少ないことを気にしがちです。ここで、毛量が少ないことを気にし過ぎるとこれがストレスとなり、抜け毛の原因である特定の男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が増えやすくなります。

このとき、単純に帽子をかぶることによって薄毛であることを隠してしまえば、気に掛けることが少なくなり、より前向きな気持ちになりやすくなるわけです。

穏やかな気持ちでいられる時間が増えるとストレスが減り、抜け毛の原因であると特定の男性ホルモン(ジヒドロテストステロン(DHT))の分泌量も低減することができるのです。

結果として、薄毛を治療することができるわけです。

ただ、このとき強風などによってかぶっている帽子が吹き飛ぶ場合があるため、後に紹介してるような風で飛びにくいタイプのものを選ぶようにしましょう。

太陽の光などの紫外線からのダメージを防げる

薄毛を進行させる原因の一つとして、日光からの紫外線による頭皮への悪影響が挙げられます。

紫外線が毛根に与えるダメージいついてはこちらで詳しく記載していますが、強い紫外線を浴び続けることで頭皮に強い刺激が与えられます。

すると、頭皮が軽い火傷の状態になったり、火傷にはならないまでも頭皮環境を悪化させることで、抜け毛の量を増加させます。結果として、AGA(男性型脱毛症)が加速されるわけです。

紫外線が強い季節の夏が終わり、秋に差し掛かった際に抜け毛の量が増えるのは、このことが主な原因となっています。

このときに帽子をかぶると紫外線をカットできるため、日差しから頭部を守ってくれるのです。

寒さによる血行不良を改善できる

※工事中

このように、適切に帽子をかぶることによって、薄毛の改善につながるさまざまなメリットが得られるわけです。

ただ、装着の仕方が間違っていると、以下のような帽子をかぶることでのハゲの進行が考えられるために、十分に気をつけて対処していくといいです。

誤った帽子のかぶり方はハゲを進行させる

それでは、どのようなかぶり方をすると、より薄毛が加速するリスクがあるのでしょうか。まずは、間違った帽子の装着によってAGAが進む理由について確認していきます。

長時間帽子をかぶり続けていると蒸れる

なお、2時間以上などと帽子を長い間、頭に装着している場合では、頭皮環境を悪化させやすくします。これは、帽子をかぶることで髪の毛が蒸れやすくなるために起こります。

特に、夏の暑い時期に通気性の悪い帽子をかぶっていると、熱や水分がたまりやすいために蒸れが発生するわけです。

同時に、継続して帽子をかぶっていると、頭皮がずっと固定されるために若干血流が悪くなります。血の巡りが悪ければ、育毛に必要な栄養が頭皮にいかなくなるため、ハゲやすくなります。

そのため、後に解説するような時期にあった帽子を装着することや、適切な帽子をかぶっていたとしても、1時間に1度は帽子を脱いで、髪の毛を乾かすといいのです。

帽子の圧迫が強いと髪がぺったんこになり、引っ張られる

なお、帽子を強く装着したり、元からきつめの帽子をかぶったりすると、毛髪が圧迫されると、髪の毛がぺったんこになります。一度髪が押された状態になてから帽子を外すと、髪型が崩れているためによりハゲて見えやすくなります。

すると、精神的に落ち込みやすくなり、自律神経(体の調子を整える神経)の乱れにつながります。

この自律神経の乱れは、血流を悪くしたり、ストレスを感じやすくさせたりします。結果として、抜け毛が増え、薄毛を進行させてしまうのです。

さらに、帽子を髪が引っ張られるよにかぶっていると、髪の毛が強く引っ張られている可能性があります。当然ながら、髪を抜こうとする力は毛根にダメージを与えるため、抜け毛の量を増やします。

よって、帽子を紙が引っ張られるようにかぶることは、精神的にも物理的に薄毛を進行させるリスクがあるため、適切な力で髪を抑えられるよう浅めにかぶるのがおすすめです。

AGAの治療のための帽子の選定

このように、帽子のかぶり方によって抜け毛を予防できることもあれば、逆に薄毛を進行させてしまうリスクがあるため、適切なかぶり方を実践することが育毛にとって大事です。

そして、帽子の装着方法だけではなく、帽子自体も適切なものを選ぶことも薄毛の回復には必須といえます。薄毛に悩んでいた私が上述のような理由で、薄毛の予防としてかぶっていたおすすめの帽子を以下で確認していきます。

夏以外の季節におすすめの帽子(冬などの寒い時期)

寒い季節、涼しい季節におすすめな抜け毛予防に向けた帽子では、ニット帽がおすすめです。以下のようなものです。

冬は寒い時期であるため、蒸れに関する心配はあまりなく、より温まり、かつ圧迫が強くなりすぎない帽子がいいです。そのため、ニット帽はおすすめなのです。

なお、きつめのニット帽を選んでしまうと、髪への圧迫が強くなるため、軽く髪を抑えることができる程度のニット帽を選定しましょう。

暑い時期におすすめの帽子

夏などの暑い時期にAGA治療に効果のある帽子としては、蒸れにより逆にはげるリスクを回避できる帽子を選ぶことが重要です。

私自身は、以下のような気温が高い時期には、通気性が高い「生地が薄い夏用のニット帽」や「目の粗い麦わら帽子」などをかぶるようにしています。

夏用ニットとは以下のような製品です。

また、目が粗めの麦わら帽子とは以下のようなものです。

このときも上述したように、「1時間に1度くらいは帽子を外す」「圧迫しすぎるようにはかぶらない」ように気を付けて帽子を活用しましょう。

なお、麦藁ぼうしなどのつばがある帽子では、強風が吹いた場合に飛ぶことがあるので十分に気を付けましょう。

適切に帽子を活用し、薄毛を回復させていきましょう。

まとめ

ここでは「帽子の装着方法によってハゲの治療にも進行にもつながる」「AGA治療のための帽子のかぶり方や選び方」について解説しました。

帽子を適切にかぶっていれば「ハゲを隠すことができる」「日差しや寒さなどの外部からの刺激から守ってくれる」ことにより、抜け毛の予防効果を得ることができます。

逆に「長時間帽子をかぶり続ける」「髪が引っ張られるように押し込んで帽子をかぶる」などの誤った帽子の被り方をすると、AGAをより進行させることが多いので、注意が必要です。

なお、薄毛の改善・隠すための帽子は季節に合ったものを選ぶとよく、冬などの寒い時期であればニット帽などの圧迫が少なく断熱効果が高いものがいいです。一方で、夏などの暑い時期であれば夏用ニットや麦わら帽子などの、通気性がよく、きつくないものを選びましょう。

このときも、適切な防止の被り方を実行することを忘れないようにしてください。

上手に帽子を活用して、薄毛の克服の第一歩を踏み出しましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう