JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
エクセル

【Excel】エクセルで立方根(ルート3でない)の計算をする方法【3分の1乗】

データ解析を行うためのツールとしてエクセルが代表的といえます。

ただ、エクセルは機能が充実しているあまり、初心者にとってはその対処方法がわからない場面が多くあるでしょう。例えば、エクセルにて「立方根(3分の1乗)の求める方法」について理解していますか。

ここではエクセルを用いて立方根の計算を行う方法について解説していきます。

立方根とは?ルート3ではない?【3分の1乗】

まず、立方根の意味について確認していきます。

ある数Aを3回かけあわせBとなった時、AはBの立方根であるといえます。つまり、Bの3分の1乗がAに相当するのです。

なお、ルート3と立方根を同じと考える方がいますが、違うものであるためきちんと区別するといいです。

また、立方根と似た言葉として、平方根というものがありますが、こちらはルート(2分の1乗)を表しています。立方になっているため、「3分の1」に変化していると覚えておくとルート3とは異なることが容易にイメージしやすくなります。

エクセルで立方根(3分の1乗)を求める方法

それでは、エクセルでこの立方根を計算していきましょう。このとき、エクセル関数を使用する必要はなく、上の数式を入力していけばいいだけです。

そして、立方根を計算するために数式として=元のセル^(1/3)と入力していきます。

ENTERを押して計算を確定させると以下の通りとなります。

後はオートフィル機能(セルの右下にカーソルを合わせた際に出てくる十字をダブルクリック)で一気に立方根(3分の1乗)を計算していきます。

このようにして、エクセルにて立方根(3分の1乗)の計算が実行されるので、基本的な操作を覚えておけば求められるので、しっかりと理解しておくといいです。

まとめ

ここでは、立方根(3分の1乗)の定義やエクセルにおいて立方根を求める方法について解説しました。

ある数Aを3回掛け合わせたものがBとなる際、AはBの立方根であるといえます。つまり、B^1/3=Aとなるわけです。このとき、立方根はルート3とは別物であることに注意しましょう。そして、エクセルで立方根を求めるには、関数を使用せず、この数式を直接入力するといいです。

エクセルを使うことで手計算では大変な計算も一気に求められるので、きちんと理解しておくといいです。

上手にエクセルを活用して、より日常生活や業務を効率的にこなしていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう