JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
エクセル

【Excel】エクセルでノットイコール(not equal)を表現する方法【<>】

データ解析や管理のためのツールといえば、エクセルが代表的です。

ただ、エクセルは機能が充実しているあまり、初心者にとっては「どう処理していいか」わからないようなケースが多くあります。

例えば、エクセルの条件構文の中などでノットイコールを表現したいには、どのように対処すればいいのか理解していますか。

ここでは、エクセルで「not equal」を使う方法について解説していきます。

エクセルでのノットイコールは<>で表す

結論から言いますと、エクセルにてノットイコール(not equal)を表現するためには、<>という記号を使用します。

以下で実際のデータ(架空)を用いて確認していきます。なお、ノットイコールの記号<>は基本的に、何かしらの条件式(if構文など)を入れる際に使用することがほとんどです。

このとき、0以外のデータの個数を数えるとします。

ある数値や記号以外の個数を求める際には、条件付きの書式でCOUNTIF関数と呼ばれるものを使います。

この条件式の中で上述のノットイコールの記号をうまく使っていくわけです。具体的には、0以外の数値を条件として指定していきます。

なお、COUNTIF関数の使用方法として=(数値範囲,条件)と入力する必要があり、具体的に条件の部分に“<>0”と入力します。

以下の通りです。このとき、データの前後に” “を入力することを忘れないようにしましょう。

最後にENTERを押し、ノットイコール(not equal)を含んだ条件式を確定させます。

なお、実際に数えてみても0以外の個数が3個であることが確認できます。

普通に使用するノットイコールの記号である≠を入力しても、エクセルでは認識されないので周囲しましょう。

エクセルの条件付き書式でノットイコールを表す方法

なお、IF構文内だけでなく、条件付き書式においてもノットイコール(not equal)を表すことが可能です。

例えば、セルの色を数値が「5」と記載されているセル以外に色付けをしたい場合には、条件付き書式においてノットイコールを使っていけばいいのです。

データ範囲を選択し、上タブの条件付き書式を選択、新しいルールと選びましょう。

続いて、数式を使用して書式設定するセルを決定を選び、数式に=開始セル<>5と入力します。今回は開始セルがB3からであり、5以外と指定したいため、エクセルでのノットイコールの記号の<>の次に5と記載すればいいのです。

続いて、塗りつぶしを選び、今回は黄色に指定しています。

すると以下のように、~以外の数値セルの色のみが変更されました。

このように条件付き書式においても、同じようにノットイコールの記号(<>)を使用すればいいのです。状況に応じてnot equalをうまく活用できるようにしておきましょう。

まとめ

ここでは、エクセルにおいてノットイコール(not equal)を表示させる方法について解説しました。

エクセルでは条件式(IF構文など)を入力する際などに、ノットイコールを使うことがほとんどです。

例えば、上述の例においてはCOUNTIF関数内の条件で、0以外と指定するために”<>0″と条件を入れました。このとき、数値や記号の前後は””で括ることを忘れないようにしましょう。

なお、通常の数式で使用する≠はエクセルでは認識されないことを覚えておくといいです。さらに、条件付書式でnot equalを使用する場合も、同様に使っていけばいいといえます。

エクセルでのノットイコールの扱いに慣れ、よりデータ処理を効率化させていきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう