JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

メタン、エタン、プロパンの分子式(化学式)と構造式と電子式と分子量は?それぞれの違いは?

科学的な解析を行う際には、物質の基礎的な性質を理解しておくといい場面が多いです。

例えば、炭化水素の中でもアルカンの代表として、メタン、エタン、プロパンがありますが、これらの違いや性質について理解していますか。

ここでは「メタンとエタンとプロパンの分子式(元素記号:化学式)、構造式、電子式、分子量」「メタンとエタンとプロパンの違いは?について解説していきます。

メタンとエタンとプロパンの分子式(元素記号:化学式)、構造式、電子式、分子量は?

それではメタン、エタン、プロパンの各性質について整理していきます。

メタン、エタン、プロパンの分子式(化学式:元素記号)

まずの分子式(元素記号:化学式)について確認します。

・メタンの分子式(化学式):CH4
・エタンの分子式(化学式):C2H6
・プロパンの分子式(化学式):C3H8

となります。

メタン→エタン→プロパンの順番に炭素数、水素数が多くなることを理解しておくといいです。

メタン、エタン、プロパンの構造式

なお、構造も基本的にメタン、エタン、プロパンでは似ており、炭素鎖から水素が出ている構造となります。このとき上述のような炭素数に注意して構造を捉えるといいです。

メタン、エタン、プロパンの電子式

なお、メタン、エタン、プロパンのおけるCH結合はすべて共有結合のため、すべて共有電子対で構成されることを覚えておくといいです。

以下のように電子式は記載できます。

メタン、エタン、プロパンの分子量は?

メタン、エタン、プロパンの分子量を計算する際には、炭素の原子量が12、水素の原子量が1であることを活用していきます。

よって、上の分子式を元に求めていくと、

・メタンの分子量:12+1×4=16
・エタンの分子量:12×2+1×6=30
・プロパンの分子量:12×3+1×8=4

と計算できるのです。

まとめ メタン、エタン、プロパンの分子式(化学式)と構造式と電子式と分子量は?それぞれの違いは?

ここでは「メタン、エタン、プロパンの分子式(化学式)と構造式と電子式と分子量は?それぞれの違いは?について解説しました。

・メタンの分子式(化学式):CH4
・エタンの分子式(化学式):C2H6
・プロパンの分子式(化学式):C3H8

炭化水素の各物質の性質を理解し、より毎日を楽しんでいきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう