JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
ビジネス用語

確率と頻度の違いと使い分け

料学的なデータを解する際には、専門的な用語が書く出てくるため、これらの意味についてきちんと理解しておくことが大切です。

例えば、 確率や頻度といったいわゆる「起こりやすさ」を表す言葉がありますが、「これらにどのような違いがあるのか」理解していますか。

ここでは確率と頻度の違いや使い分けについて解説していきます。

確率と頻度の違いと使い分け

まずは、確率について考えていきましょう。

確率とは「物事が起こる割合を科学的に解析した数値」と捉えることができます。この確率の種類には、

・じゃんけんで勝つ確率

・サイコロの目で特定の目が出る確率

・くじを当たりが出る確率

などさまざまなものが挙げられます。

中でも、例えばくじをにおいて、当たりくじが全部で 10本のくじの中に当たりくじが1本入っている場合に「当たりが出る」は1/10 と計算できるわけです。

そして、このくじびきを行う回数を1回でなく、10回、100回、1000回と増やしていくとあたりが出る割合は、この理想的な確率である1/10に近づいていくのです。

つまり、計算によって求めることができるものなのです。

ーガで「頻度」とは、「ある一定の期間においてある現象がどのくらい発生したか」を表す指標といえます。

頻度の例としては、

地態が発生する頻度
・飲み会を行く頻度
・買い物をする頻度

という具合に使用します。

つまり、頻度は確率のように理論的に導ける数値ではなく、実際の行動によって表現できるものなのです。

そして、理論的な確率は私たちは変えられないですが、この頻度は変化させることができます。

具体的には、買いものに行く回数が週に1回から3回に増えればその頻度は3倍となり、自身の回数が月に5回だったものが、2回だけになったら頻度は 2/5に変化したといえます。

このように、確率と頻度には違いがあり、上述の例のように使い分けていくものなのです。

どちらの言葉も科学的な場面を始めとして、日常的なケースでもよく使用される用語であるため、きちんとその違いや使い分けを理解しておきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう