雑学

白菜のイントネーション・発音・アクセントを解説!【標準語・静岡・千葉・福岡・北海道・群馬など:関東と関西などの違い】

当サイトでは記事内に広告を含みます

普段何気なく生活している中でイントネーション、発音、アクセントでどれが正解なの?と疑問に感じることってありませんか。

私は最近よくあります笑。

そんなこともありここでは特に「白菜」に着目して、白菜のイントネーション・発音・アクセントは?関東と関西や愛知などで違いはあるのか?について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください♪

 

目次

白菜のイントネーション・発音・アクセントを解説!【:標準語・千葉・静岡・福岡・北海道・群馬など:関東と関西などの違い】

それでは以下で白菜のイントネーション・発音・アクセントをチェックしていきます。

結論としては、関東(標準語圏)と関西などの地域差というよりも、個人差による違いが大きく大まかに2種類の代表的なイントネーションで分かれています。

・平板型アクセント(標準語):は(↓)く(↑)さ(↑)い(↑)と、抑揚がより少ないイントネーションですね。

豚足や豚汁などと同じイントネーションをイメージすると理解しやすいですね。

 

・途中の「サ」にアクセントを置く型:は(↓)く(↓)さ(↑)い(↓)と、途中の「サ」にアクセントを置くイントネーションを取る人もいます。
こちらも標準語といえますね。

 

 

・頭高型アクセント:は(↑)く(↓)さ(↓)い(↓)と、先頭の「ハ」にアクセントを置くイントネーションを取る人もいます。関西ではこちらが多いでしょう。

 

 

日本語のアクセントには絶対的な正解はないため、どちらも間違いではなく正しいといえるでしょう。

 

矢印は音の高さのイメージで書かせていただきました。

白菜は、地域や、人によってイントネーションが違うので、面白いですね

 

白菜のイントネーション・発音・アクセントがわかる?例文

なお、個人的に白菜のイントネーションをイメージしやすい例文を以下でまとめてみましたので、参考にしてみてください!

 

・平板型アクセント(標準語):このは(↓)く(↑)さ(↑)い(↑)はかなり美味しい!

・途中の「サ」にアクセントを置く型:このは(↓)く(↓)さ(↑)い(↓)はかなり美味しい!

・頭高型アクセント:このは(↑)く(↓)さ(↓)い(↓)はかなり美味しい!

 

どちらが良い・悪いということではなく、イントネーション・発音・アクセントの違いがあるのは面白いですね!

 

まとめ 白菜の発音・アクセントを解説!【関東と関西のイントネーションの違い】

ここでは、白菜のイントネーション・発音・アクセントは?関東と関西や愛知で違いはあるのか?について解説しました。

白菜のイントネーションを学び、さらに会話のバリュエーションを広げてみてくださいね(^^)/

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう