JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
恋愛・婚活

二重なのに一重(奥二重)に見える原因と対策【写真写りだと二重の幅が狭く見える】

人間だれしも自分自身の容姿に何かしらのコンプレックスを抱いているものです。

例えば、自分の外見に関する悩みの中でも、特に「目が二重ではなく、一重であること」を気にする方が多いです。

他にも、実際は二重なのに写真に撮ると「一重や奥二重に見える」ことで悩んでいる方の割合も比較的高いといえ、ここではこの「二重なのに一重に見える原因(写真などで)と対策」について解説していきます。

二重だけど一重に見える理由は【写真写りだと一重や奥二重に見える】

実際は二重まぶたなのに、写真だと一重まぶたに見えるのには複数の理由があり、以下で詳細を確認していきます。

二重の幅がそれほど広くなく、かつ写真では笑顔などで目を細めがち

二重なのに写真写りなどでは奥二重や一重に見えてしまう原因の一つとして、それほど二重のラインが広くないことが挙げられます。

つまりは、写真などのある程度遠くから写るものでは、かなり広めの二重のラインでないと二重に見えず、一重や奥二重っぽく見えるわけです。

他にも、基本的に鏡を見る際には真顔や決め顔をしていることが多く、目を細めずに見開いているケースがほとんどといえます。一方で写真の場合では笑顔になったり、逆に表情が緊張で崩れたりと、いつも鏡でみているような万全ではない可能性も高くなります。

笑顔になり目を細めている状況では、当然ながら二重のライン自体も極端に狭くなるために、写真にすると二重だけど一重に見えることもあります。

二重のラインが薄い(写真と二重や奥二重や一重の関係)

なお二重まぶたの幅が広かったとしても、二重ライン(溝)が薄い場合には、一重に見えることもあります。

二重の線が薄い原因としては、

・上瞼が厚い
・二重を形成する眼輪筋が弱い
・一重の人がアイプチなどで二重を作ってみたものの幅が広すぎ

等が根本の原因です。

理由はどのようであれ二重の溝が薄い場合には、特に写真などの少し遠目から写る媒体で撮影すると、どうしてもラインが移りにくく一重や奥二重に見えるものなのです。

以下のようなイメージです。

飲み会などでの写真が多く、むくみがち

なお、意外と写真写りとして一重にみえる方は、主に飲み会での写真写りを確認していることがあります。

基本的に、飲みの場では基本的にはアルコールの摂取するために、どうしてもむくみやすくなります。すると、上瞼もむくむために、先にも述べたような二重のラインが薄くなる傾向にあるのです。

結果として、上と同じ理由から二重だけど一重や奥二重に見えるという流れになるわけです。

写真写りで二重の幅が狭く見える人の対策【写真で二重なのに一重にみえる場合の対処】

このように、いくつかの理由で二重だけど一重に見える方がいるのですが、適切な対処を取ることによって改善が見込めます。

以下で詳細を確認していきますので、参考にしてみてください。

二重のラインをくっきりさせると二重だけど一重に見える状況を改善できる

先にも述べたように、写真などで二重だけど一重に見える原因の一つとして、二重の溝の薄さが挙げられます。

よって、この状況を改善したい場合は、二重の溝をくっきりとさせるための方法をとるといいです。

具体的には、

・ダイエットして瞼の脂肪を薄くする
・まぶたを痩せさせるためのマッサージをする
・上瞼の筋トレを行う(おでこの力を使わずに上目遣いしパチパチしたり、目をぎゅっとつぶったりぱちっと開けることを繰り返したりすること等)

を行うといいです。

以下のような瞼の脂肪を減らすエクササイズを実施するといいです。

二重のラインを最適な位置に形成する

なお、二重の幅を適切な位置に変化させることによっても、「二重だけど一重にみえる状況」を改善することが可能です。

自力でできる方法としては、アイプチやアイテープや二重の癖つけ剤のナイトアイボーデを使用すること等によって、適切な位置を探っていくといいです。

以下のようなものです。

このとき、二重のラインが狭すぎると写真等で一重や奥二重に見えてしまいます。逆に、広すぎても不自然な二重になったり、ただ線があるだけの一重に見えたりすることがあるので注意しましょう。

同時に先にも述べたような、瞼を薄くするためのエクササイズも行うことで、適切な二重の位置でそのラインをくっきりとさせていくと、写真写りなどで二重なのに一重や奥二重に見える状況を克服できます。

なお、自力での対処を行ったとしても、どうしても望み通りの二重にならないケースもあります。このような場合、最後の手段として整形するのもいいです。

ただ整形する場合では、「医療事故があること」「好みの目にならない可能性も十分にあること」「コストがかなりかかること」を理解しておきましょう。このような覚悟がきちんと決まった人だけが、整形をした方がいいといえます。

飲み会などでの写真を取るのを避ける

また、飲みにより「かなりむくむ」ことで一重に見える方は、「飲み会での写真を拒否する」「飲み量を調整する」のもありです。

写真写りで二重だけど一重に見えるストレスと、飲みを我慢するストレスのどちらを取るかを考えてみるといいです。

あなた自身の人生ですので、より楽しい、幸せに感じる時間が増える選択を意識して行ってくべきと私は思います。

さまざまな対処方法によって「写真写りなどで二重だけど一重に見える」ストレスを軽減して、毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう