雑学

12桁の金額はいくら?13桁は何円か?【年商:売上など】

お金に関する情報ってとても気になりますよね?

ただ、ふと金額の表現を見た際に「どういう意味?」と疑問になるケースもよくあると思います。

このような背景もあり、ここでは意味がわかりにくいお金の言い回しとして「12桁や13桁」に着目し、12桁の金額はいくら?13桁は何円か?【年商:売上など】について解説していきますので、参考にしてみてください。

目次

12桁の金額はいくら?【年商:売上など】

それでは以下で年商12桁などの表現としてみる「12桁」とはいくらを意味しているのか?をチェックしていきます。

結論として、売り上げ・収入などにおける12桁とは「1000億円以上1兆円未満」を表します。

具体的に100,000,000,000(1000億円)の桁数を確認しますと「12桁」となっていますよね?そのため、1000億以上の金額のことを12桁と呼ぶわけです。

日本人はダイレクトに「1000億円」と表現することに抵抗を示す人が多いこともあり、本当の意味が伝わりにくい「12桁」という言い回しが流行ったものと推測します。

(しかしながら、個人的にはあえて「12桁」などをわかりにくく言うことに対して、抵抗があります笑)

12桁の金額の使用例

特に、自分のビジネスで「やっと年商12桁に到達した!!!」などと喜ぶことがありますが、これは「年の売り上げが1000億円以上になった」ことを意味します。

年商12桁をいくのはとてつもなく凄いです!

他にも「年の売り上げ12桁はここ2年間キープできてるね!」といった場合では、年商1000億以上はずっと稼ぐことができているといえるわけです。

 

13桁の金額はいくら?【月収:収入】

続いて、年商桁などの金額の表現としてみる「13桁」とはいくらを意味しているのか?をチェックしていきます。

結論として、金銭面での13桁とは「1兆円以上10兆円未満」を表す場合が多いですね。

具体的に1000,000,000,000(1兆円)の桁数を確認しますと「13桁」となっていますよね?そのため、1兆円以上の金額のことを13桁と呼ぶわけです。

日本人はダイレクトに「1兆円」と表現することに抵抗を示す人が多いこともあり、本当の意味が伝わりにくい「13桁」という言い回しが流行ったものと推測します。

(しかしながら、個人的にはあえて「13桁」などをわかりにくく言うことに対して、抵抗があります笑)

 

状況に応じて金額の12桁・13桁などの表現を使い分けていきましょう。

まとめ 13桁の金額はいくら?12桁は何円か?【年商:売上など】

ここでは、12桁の金額はいくら?13桁は何円か?【年商:売上など】について解説しました。

よく聞く言い回しのためこの機会に覚えておくといいです。

さまざまな金額に関する表現を学び、日々の生活に活かしていきましょう!!

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう
スポンサーリンク