JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
育毛・AGA治療

ローズマリーには育毛に効果的なのか【ローズマリーティーでの摂取が薄毛に効く】

ハーブティは健康や美容に対して、「何かしらの良い効果が得られそう」というイメージを持つケースが多いです。

中でも、ハーブの一種であるローズマリーには「AGA(男性型脱毛症)の治療に効果的」という口コミがありますが、これは本当なのでしょうか。

ここでは「ローズマリーはハゲの回復に効くのか」「薄毛の治療に効果的なローズマリーティーの摂取量と摂取方法」について解説していきます。

ローズマリーは薄毛の回復に有効的

結論から言いますとローズマリーを摂取することはハゲの治療に効果が高いです。

男性がAGAとなるのは特定の男性ホルモン(専門用語でジヒドロテストステロン)の分泌量が過剰となることで起こります。

このジヒドロテストステロン(DHT)が多く分泌され、髪が抜ける作用が活性化されるわけですが、以下のような項目によってDHTの量が増加することが知られています。

・遺伝的にジヒドロテストステロンが分泌されやすい

・強いストレスが継続的にかかる

・食生活が偏っている

・運動不足である

・睡眠不足である

など複数の要因が絡んでいます。

しかし、適切な対処をすればこのDHTの分泌量を抑制させることができます。このジヒドロテストステロンの低減方法の一つとして「ローズマリーやローズマリー抽出液の摂取」があるのです。

具体的には、一般的に知られる男性ホルモンである「テストステロン」に特定の酵素(専門予後で5α-リアクターゼ)が作用すると、ジヒドロテステロン(DHT)に変化します。

そして、ローズマリーはこの5αリアクターゼ自体の生成を低減する効果があるのです。

このローズマリー抽出液の効果は科学的にも証明されており、AGAの改善に有効的といえるのです。

ローズマリーのリフレッシュ効果が育毛に効果あり(見3)

この直接的なハゲの回復への効果だけでなく、間接的な育毛効果もローズマリーにはあり、以下で確認していきます。

AGAの男性は上述のよう「生活習慣が乱れがち」「ストレスを長期的に感じている」傾向にあります。そのため、慢性的にやる気が出ないような状態に陥っていることも少なくありません。

すると行動力も下がるため運動不足となり、血行不順となっているケースがあります。当然ながら、育毛に対しては悪影響を及ぼすため、ハゲやすくなります。

このとき、ローズマリーを始めとしたハーブティーを飲むと、「リフレッシュ効果」「スッキリとした爽快感」が得られるため、活発になります。すると、行動力が改善したり、不快感が除去されたりと、薄毛の克服に良い体の状態となるのです。

以下のような学術論文にもこの効果について記載されています。

逆にRosemaryのように精神・心理的にリフレッシュ・スッキリとした気分を感じさせるような香りは,その作用によって一過性に交感神経系を刺激する効果を持っていることが考えられた。

https://ci.nii.ac.jp/naid/130005143149より引用

ただ、上述のようローズマリーの香りを嗅ぎすぎると、交感神経(体を活発・興奮状態にする神経)が優位になりすぎ、逆に眠りが浅くなるケースもあります。

そのため、後に摂取方法については詳しく書きますが、ほどほどに匂いを嗅ぎ、かつ寝る前のローズマリー摂取は避けたほうがいいといえます。

このような効果から適切な量のローズマリーを摂取すると、直接的にも間接的にもハゲの回復につながるというわけです。

ローズマーティーとして摂取するとAGA治療により効果あり

なお、ローズマリーはハーブ専門店やネット通販などで簡単に手に入れることが可能です。私の場合は、生活の木で以下のような大袋を購入しています。

そして、育毛のためにローズマリー抽出液を摂取する際は、ハーブティであるローズマリーティを飲むことがおすすめです。

手軽に、簡単に、かつおいしくそのローズマリー抽出液を摂取することができるためです。

なお、私自身も薄毛にかなり悩んでいた時期がありましたが、各薄毛対策を実践することでいまでは毛量がかなり改善しました。中でも、ーズマリーや別のハーブ(フィーバーフュー)などと混ぜた育毛ハーブを継続して摂取すること」は抜け毛の抑制にかなり効果があると実感しています。

なお、「ローズマリーの摂取量・頻度をこの量にすると、必ずハゲが治る」という摂取推奨量は科学的に規定されていません。

ただ、上述のようにローズマリーを摂取することで、抜け毛は抑制されるということまでは、証明されており、私自身も経験済です。

私の経験を踏まえ、「育毛に効果がある」と体感したローズマリーティー摂取量と頻度、摂取方法について詳しく解説していきます。

ローズマリーティの作り方と摂取量・頻度

まずは、以下のようなお茶パックにローズマリーを詰めていきます。

おおよそ、3つまみ程度のローズマリーを大袋から取出し、紙パックに入れましょう。

ローズマリー単体でもいいですが、ローズマリー同様に薄毛の治療への効果があるハーブのフィーバーフューと混ぜるのがおすすめです。

後は、急須にこのパックを入れて、熱湯を注ぐことでローズマリーの成分を抽出します。

2、3分経過しましたら、普通に注いで飲むといいです。このとき、好みに合わせて冷やしたりして飲みましょう。

ローズマリーティーは以下のような淡い黄緑色の緑茶のような色合いをしています。

私の場合は、朝にこのハーブティを作り、300ml程度の水筒に入れておいたものを、一日かけて、少しずつ飲んでいきます。

朝、昼、夕方と時間を分けて飲んだ方が、ローズマリー抽出液が頭皮に作用している時間が長くなるためおすすめです。

ローズマリーの摂取を控えた方がいい方

なお、ローズマリーの育毛への効果について記載してきましたが、摂取することを控えた方がいい方もいるため、気を付けましょう。

・高血圧の方

・てんかんを持っている方

・妊婦や授乳中の方

・1歳以下の子供

特に、リーズマリーは子宮を収縮させる作用があるやめ、妊婦の方が飲まないようには十分に気を付けてください。

たとえば、ハゲの対策として男性がこっそりローズマリーティを入れていると、間違って妊婦の奥さんや子供が飲むケースがあります。家族内できちんと情報共有をしておくなど適切な対応を取りましょう。

ローズマリーの過剰摂取量は?副作用はあるのか

なお、ローズマリーティーとしての摂取量の規定は特に設けられていませんが、1日でコップ3倍程度(およそ600ml)であれば、基本的には問題ない場合が多いです。

私自身も1L近く飲んでいたときもありますが、特に副作用を感じたことはありません。

ただ、先にも述べたローズマリーの摂取を控えた方がいい方だけでなく、相性が悪い方もいるため、まずは1日あたりコップ一杯程度(200ml)の摂取から徐々にその量を上げていくといいです。

なお、過剰摂取による副作用としては、「痙攣」「吐き気」などが主な症状としてあるようです。

ただ、どのような食材であっても体に合う、合わないがあり、その効果が強いものは基本的に副作用も強い傾向にあります。

医薬品ではないため、急激な副作用は起こりにくいと考えられるものの、あなたとローズマリーの相性が悪いケースでは、少量の摂取でも副作用が発生する場合があります

そのため、飲み慣れるまでの期間は特に摂取量には十分に気を付けてください。

ローズマリーはサプリメントとしてとってもいい

このように、私の場合では育毛のためにローズマリーティとして飲用していましたが、中にはその味が苦手な方もいるでしょう。

なお、毎回煮出してローズマリーの抽出液を作るという作業を面倒に感じる方もいるでしょう。実際のところ、私自身は妻に作ってもらっているからいいものの、自分ですべて準備しようとすると「確かに面倒だな」と感じます。

これらのケースでは、ローズマリーのサプリメントとして摂取しても問題ないです。以下のような製品です。

このときは、推奨目安量をきちんと守って摂取するようにしましょう。なお、副作用を感じた場合には、すぐに病院に向かうなど製品に記載の通りの適切な対処を行ってください。

重度の薄毛に対しては、ローズマリーだけでは治療は厳しい

このようにAGAの回復にはローズマリーは効果的ということを記載しましたが、実際のところは重度のハゲであれば、ローズマリーのみでの治療では困難といえます。

さらに、重度の場合は育毛剤(医薬部外品)でも回復は難しいケースが多く、正直なところ発毛剤(ミノキシジルやフィナステリド)を使用しないとなかなか回復は厳しいです

ただ、発毛剤は医薬品であるため、その副作用を十分に知った上で使用するように心がけてください。

一方で軽度~中程度の薄毛の方や、抜け毛予防をしたいという方であれば、ローズマリーの使用や育毛剤(医薬部外品)の使用だけでも、十分に効果が得られることがあります。

ここはこれらの対策や、生活習慣の改善、あなたの体質などあらゆる要素によって、「ハゲが回復できるかどうか」が変化するため、出来る限りのチャレンジを行っていきましょう。

なお、ローズマリーや育毛剤では、発毛剤ほど副作用がでる割合は低いことも理解しておくといいです。

まとめ

ここでは「ローズマリーの育毛への効果」「おすすめの摂取方法や摂取量・頻度・副作用」について解説しました。

ローズマリーには、ストレス緩和効果やジヒドロテストステロン(DHT)の抑制効果があることから、薄毛の回復には有効といえます。特に、ハーブティー(ローズマリーティー)として飲んでいくことがおすすめです。

なお、過剰摂取による副作用などは少ないものの、完全に発生しないとは言い切れないため徐々に摂取量を上げていくといいです。

ただ、重度のAGAの方では、ローズマリーだけで回復するのは厳しく、そこは発毛剤などとの併用が必須となります。中程度あたりまでのハゲの方であれば、ローズマリーの使用や育毛剤(医薬部外品)でも十分に回復が望めます。

できる限りのAGA対策を施し、一緒に髪を絶対にフサフサにしていきましょう!

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう