JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

μm、nm、mmの変換(換算)方法【1mm(ミリメートル)は何μm(マイクロメートル)?何nm(ナノメートル)?】

科学実験などにおいてよく、短い長さの単位を使用する場面が多くあります。

例えば、mm(ミリメートル)、μm(マイクロメートル)、nm(ナノメートル)などが挙げられますが、これらの単位換算方法について理解していますか。

ここでは「1ミリは何マイクロメートルなのか」「1マイクロは何ナノメートルなのか」などの各々を変換する方法について解説していきます。

mm(ミリメートル)、μm(マイクロメートル)、nm(ナノメートル)の定義

mm(ミリメートル)、μm(マイクロメートル)、nm(ナノメートル)はどれも基準の長さのm(メートル)に接頭語のm(ミリ)、μ(マイクロ)、n(ナノ)がついた単位といえます。

ここでミリは1/1000を表し、マイクロは1/1000000を表し、ナノは1/1000000000を示すものであるため、

・1m=1000mm

・1m=1000000μm

・1m=1000000000nm

と表すことができるのです。

これらの式を元に、mm、μm、nmの単位換算方法について確認していきます。

mm(ミリメートル)とμm(μメートル)の変換方法

まずは、ミリとミクロンの換算を行ってみましょう。

上の長さの計算式を比較することで、1mm=1000μmという変換式が成り立つのがわかります。逆に、マイクロメートル基準で考えると、1μm=0.001mmとなるのです。

μmとmmの変換の計算問題

このmmとμmの換算に慣れるためにも、練習問題で実際に計算してみましょう。まずは、1マイクロメートルは何ミリかの例題にチャレンジしていきましょう。

例題

500μmは何mmに変換できるのか

解答

上の定義に従って計算していきます。

すると、500 ÷ 1000 =0.5mmと求められるのです。

逆にmmからμmへの単位変換も行ってみます。

例題2

2.6mmは何μmに相当するのでしょうか。

解答2

上の定義式に従って計算していきます。

すると、2.6 × 1000=2600μメートルと計算できるのです。

 

μm(マイクロメートル)とnm(ナノメートル)の変換方法

続いて、マイクロメートルとナノメートルの単位変換も行ってみましょう。

上の長さの計算式を比較することで、1μm=1000nmという変換式が成り立つのがわかります。逆に、ナノメートル基準で考えると、1nm=0.001μmとなるのです。

μmとnmの単位換算の計算問題

このmmとμmの変換に慣れるためにも、練習問題を再度解いてみましょう。まずは、1マイクロメートルは何ナノメートルなのかといった問題を確認します。

例題

5200nmは何μmに変換できるのか

解答

上の計算式に従い求めていきます。

すると、5200 ÷ 1000 =5.2μmと求められるのです。

逆にμmからnmへの単位換算も行っていきましょう。

例題2

7.2μmは何nmに相当するのでしょうか。

解答2

上の定義式に従って計算していきます。

すると、7.2 × 1000=7200nmと計算できるのです。

まとめ

ここでは、mm、μm、nmの意味や各々の換算方法について確認しました。

1mm=1000μmであり、逆に1μm=0.001mmと変換できます。同様に、1μm=1000nmであり、1nm=0.001μmと単位換算できるのです。

ミリメートル、マイクロメートル、ナノメートルの定義や換算に慣れ、より科学を楽しんでいきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう