JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

w/w%とw/v%とv/v%の計算方法は?違いは?

日常生活において、よく単位の変換を行う場面があるでしょう。

たとえば、比率の単位として「w/w%」「w/v%」「v/v%」などを使用する場面がありますが、これらの意味や計算方法について理解していますか。

ここでは、w/w%、w/v%、v/v%の定義と計算方法について確認していきます。

w/w%の意味と計算方法

まず、w/w%もしくはww%について考えていきます。

このw/w%における「w」とはweightの略であるといえ、w/w%とは質量(重量同士)の比率を百分率(パーセント)表記したものといえます。

例えば、ある溶液において溶液全体がAgであり、その中に溶けている溶質がBgである場合には、w/w%=B/A × 100 で計算することができるのです。

簡単にいうと、重さ同士の比較などでwwとなると覚えておくといいです。

w/w%の計算問題を解いてみよう

それでは、ww%の扱いに慣れるためにも練習問題にチャレンジしていきましょう。

例題1

ある食塩水溶液全体の重さは50gであり、一方で中に溶けている溶質の重さは20gです。この時の食塩水濃度は単位w/w%でいくらになるでしょうか。

解答

上の定義を元にww%を求めていきます。20 / 50 × 100 =40w/w%と計算できました。

なお、基本的にはこのw/w%での表記を多く見かけるといえます。

w/v%の意味と計算方法

続いて、w/v%もしくはwv%について考えていきます。

このw/v%における「w」は先にも述べた通りweightの略であり、vとはvolume(体積)の頭文字を示しています。なお、vの単位としてはml、wの単位としてはgを使用するケースが多いといえますが、状況に応じて変化するものです。

例えば、ある溶液において溶液全体がCmlであり、その中に溶けている溶質がDgである場合には、w/v%=D/C × 100 で計算することができるのです。

w/v%の計算問題を解いてみよう

それでは、wv%の扱いに慣れるためにも練習問題にチャレンジしていきましょう。

例題2

あるエタノール溶液全体の体積は200mlであり、中に溶けているエタノールの重さは10gです。この時のエタノール濃度は単位w/v%でいくらになるでしょうか。

解答2

上の定義を元にwv%を求めていきます。10 / 200 × 100 =5w/v%と計算できました。

 

v/v%の意味と計算方法

最後に、v/v%もしくはvv%について考えていきます。

このv/v%における「v」は先にも述べた通りvolumeの略のため、体積同士の割合をパーセント表記したものがこのv/v%となるといえるわけです。

例えば、ある溶液において溶液全体がEmlであり、その中に溶けている液体(や気体)の体積がFmlである場合には、v/v%=F/E × 100 で計算することができるのです。

v/v%の計算問題を解いてみよう

それでは、vv%の扱いに慣れるためにも練習問題にチャレンジしていきましょう。

例題1

あるエタノール溶液全体の体積は300mlであり、中に溶けているエタノールの体積は150mlです。この時のエタノール濃度は単位v/v%でいくらになるでしょうか。

解答

上の定義を元にvv%を求めていきます。150 / 300 × 100 =50v/v%と求めることができました。

まとめ

ここでは、w/w%、w/v%、v/v%の定義と計算方法について確認しました。

どの単位も科学的な解析を行う際には、必要な知識であるため、是非覚えておくといいです。

さまざまな単位の扱いに慣れ、毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう