JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
生き方

職場の暖房が効きすぎて気持ち悪い・暑い場合の対策【温度が高すぎて体調不良】

現代における日本人は、サラリーマン、パートなどの会社勤めをしている方がほとんどといえます。そして会社員の方は、職場で過ごす時間がほとんどであるため、そこでの生活が面白くないと人生の充実度が下がる傾向にあります。

ただ、さまさまな価値観を持った人同士が同じ空間で過ごすとなると、何かしらのトラブルが生じるのが普通です。

例えば、冬などに職場で暖房(エアコン)をつける際効きすぎて気持ち悪いと感じてしまう方が一定数いますが、このような面ではどう対処するのがいいのでしようか。

ここでは、職場で暖房がつけすぎとなる原因やその対戦について確認していきます。

職場にて暖房が強すぎて息苦しい状況になる原因【暖房のつけすぎ】

暖房の効きすさによりオフィスが暑過ぎる理由としては複数あげられ、以下で詳細を確認していきます。

会社に寒がりの人が多いと暖房が効きすぎになりやすい

職場にて基本的に寒さに敏感な人がいる場合、暖房(エアコン)の設定温度を上げ過ぎる傾向になりがちです。そして、オフィスにて寒がりな方の割合が高ければ、この暖房の効きすぎの状態が「普通」となってしまうわけです。よって、寒がりでない方や暑さに殿感な方は「エアコン(暖房)が強すぎてめまいが起こる」ような状況となるのです 。

例えば、以下のような暖房で25度設定などは温度が高すぎとなるわけです。


なお、女性や高齢者の方が男性や年齢が低い人よりも暑さを感じやすいといえるため、そのような職場では「暖房の効きすぎで体調不良となる」ような状況に陥りやすくなります。

以下のようなイメージです。

あなた自身がよく動いたり代謝がいいと、暖房のつけすぎと感じやすい

なお、あなた自身が暑さに対しての体制が低い場合も「暖房で室内が暑い」と感じやすくなります。

これは、あなたの体質(代謝がいい)によるものであるため、ある意味仕方ないといえます。私自身もこの暑さに弱いタイプであるといえ、ちょっとしたことで暑いと感じ、大量の汗をかいてしまう傾向にあります。

なお、代謝だけでなく体の調子を整える神経(自律神経)の乱れが大きいと体温調節ができにくくなり、暑すぎ・寒すぎと感じやすくなります。特に、多くの人が比較的長い時間使用するスマホやパソコン(PC)、自律神経を乱す原因物質のブルーライトを多く放出するので、注意が必要です。

他にも、代謝はそこまで高いわけでないものの、よく筋トレや運動などを行う人は単純に動くことで体温が上昇しがちです。

結果として、職場の暖房が暑すぎると感じ、めまいや頭痛などを引き起こしやすくなるので、適切に習慣を変えていくなどの対処をすべきです。

寒かったときの温度設定が高い状況になっている

他には、冬などの悪い時期に、、暖房をつける前の温度は非常に低くなっていることが多いです。そのため、暖房の設定温度をかなり高くしたり、風量を非常に大きいものにしたりと、暖房を強すぎに設定している可能性があります。

そして、室内が暖かくなってきたにも関わらず、職場の暖房の設定がそのままであるために「職場の暖房でで頭痛やめまいがする」「暖房が嫌い」と感じる方が増えてしまうのです。

ただ、職場の雰囲気によっては、なかなか暖房の設定を雰囲気的に変えにくく、初期のエアコンの設定のままとなることもあり、効きすぎのままになるわけです。

職場の暖房が苦手と感じる場合の対策【暖房が強すぎなときの対策】

このように「職場の暖房で頭痛やめまいなどの体調不良となる」「暖房で気持ち悪くな
る」などの状況の原因はいくつか挙げられます。

そして、これらの原因に応じた暖房での暑さ対策を行うとよく、以下でこの方法の詳細を確認していきます。

職場の暖房が効きすぎで気持ち悪いことを伝え、設定温度を変える

まず、オフィスにおける暖房が強すぎで体調不良となる場合では、まずはその旨を暖房設定を主に行っている人に伝え、設定温度を変更するといいです。

もちろん周囲の人の意見もあるので、一概にうまくいくかどうかはわからないですが、自分の意見をきちんと伝えることは大切であるため、勇気をもって提案してみるのがおすすめです。

これによって、職場が涼しく感じるようになりあなたも気持ちよく生活できるようになれば問題解決となるため、まずはチャレンジしてみましょう。

扇風機・保冷剤・接触冷感の服を着るなどの暑さ対策をとる

なお、上述のようにオフィスの暖房の設定を変更できないようなケースもあります。このような場面では「扇風機をかける」「保冷剤を首などにまく」「接触冷感の服を着る」などのあなた自身でできる涼しく出来る対策を取るのがいいです。これは夏場などでの暑さ対策とまったく同じように対処すればいいわけです。

たとえば、最近では携帯用の扇風機を100均(300均)などで安く購入することができるので、是非活用した方がいです。同様に、扇風機だけでなく、普通にスーパーで冷凍食品などを買ったときについてくる保冷剤(以下写真)や首に巻く専用の保冷剤なども売っていますので、これを体に押し当てるのもおすすめです。

なお、少しだけひんやりさせたいので、あれば接触冷感機能がついた服を着るのも意外と効果が高いものです。

これらの方法は、実際に私も会社にて行っており、慣れれば周囲の目も対して気になることなく、快適に過ごしやすくなるといえます。

部署異動や転職をする

なお、これらの対策をとったところでも、どうしても暑いと感じるような職場はあるものです。

このようなどうしようもないケースでは、部署異動を依頼したり、覚悟を決めて転職活動を始めたりするのもいいです。特に、部署の異動ができない会社であれば、転職一択となります。

なお、転職では新卒採用とは大きく異なり、実際に働く上司にあたる人との面接があり、転職後のビジョン・職場環境・仕事内容など明確にすることがほとんどです。よって、「職場の暖房が暑すぎるような環境は嫌だ」という旨を暗に伝えたり、言わないまでも探ることによって、あなたにあった環境を見つけていくといいわけです。

職場で生活する時間が長いため、そこでの生活は絶対に快適なものにできるだけ近づけた方がより幸せになることができます。なお、独立などと比較すると、転職の方が明らかに「実現可能」であり、かつあなたの望みに近い環境にできる可能性もかなり高いです。

そのため、覚悟を決め転職を始めることによって、あなたらしい人生に近づけていきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう