JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
生き方

職場で子供の話ばかりする人への対策【興味ない、聞けない、つまらない】

現代におけるほとんどの人は正社員やパートなどの会社員であるといえます。

そして、会社員では基本的にほとんどの時間を職場で過ごすためそこでの生活が楽しいものでないと、毎日の充実度が低いものになってしまいます。ただ、職場では価値観が様々な方がいるため、必ずといっていいほどトラブルは起こるものです。

例えば、職場で会話をする際に「子供の話ばかりするをする人」がおり、このような話題を聞くのが「つまらない」「興味ない」と思ってしまうことがあるでしょう。それでは、このような状況を抜け出すにはどのような対策をとるといいのでしょうか。

ここでは、子供の話ばかりをする男やママ友などからのハラスメントへの対処方法について解説していきます。

職場での子供の話がつまらない、興味ない場合の対策【ハラスメント】

何かにつけて「子供の話ばかりする人」は少ないながらにもいるものです。

子供の話ばかりする男やママ友が出てくる理由としてはいくつかあげられ、詳細を以下で確認していきます。

子供が大好きで自慢したい【親バカ】

やはり子供の話ばかりする人は基本的に親バカであり「子供が大好きで自慢したい」という気持ちが強いことがあげられます。

つまり、意識するにしろしないにしろ、頭の中が子供のことだらけになっているために、子供話題しか話せないような状態になっています。結果として、実際に子供の話だけをすることになるのです。

もちろん少しだけであれば、幸せのおすそ分け的な感じでこちらも嬉しくなるといえますがあまりにも繰り返されると「興味ない」「もう聞けない」といった状態になってしまいますよね。

子供のこと以外話すことがない

なお、子供の話しかしない人の他の全体的な傾向としては、子供のこと以外に打ち込んでいることがないケースが挙げられます。

他の仕事、趣味等でのやりたいことがなければ、当然ながら家族の話題がほとんどになってしまうわけです。

空気が読めない

ただ、いくら上の条件が当てはまっているからといって、相手が「つまらない」「興味ない」という態度を出していれば普通は気づき、その話題の触れすぎを避けるといえます。

よって、相手との空気を察知できずに、子供の話ばかりする人は基本的に「空気が読めない」人の可能性が高くなります。

つまり、単純に相手が「子供の話が多くもう聞けない」と感じているサインに気づかず、子供の話題を延々と喋り続けてしまうことが、「職場などで子供の話ばかりする人」が生まれる理由といえます。

子供の話をする既婚男性やママ友への対策【職場】

このように子供の話ばかりになる人には様々な特徴があります。

ただ、適切に対処すれば、家族の話題だらけで「つまらない」「興味ない」という現象から抜け出すことができ、以下で詳細を確認していきます。

そっと避けたり、子供の話ばかりは聞けないことを伝えたりする

まずは、職場にて子供の話ばかりの既婚男性やママ友に対しては、そっと子供の話になったら避けるようにするといいです。

感がいい相手であれば、徐々にこの「子供の話ばかりしていてつまらない」と思われていることに気づき、改める人も一定数でてきます。

これでも駄目なケースでは、やはり「職場にて子供の話だけだとそこまで興味が無い」ということを、きちんと伝えるといいです。もちろん勇気がいることですが、これを伝えることで人間関係がこじれるようであれば、そもそもその程度の関係であったというわけです。

ただ、伝え方として明らかに不快感を出すのではなく、やんわりとした口調を心掛けるべきです。

あなたも相手もより楽しい時間を過ごせるように、まずは最初の一歩を踏み出していきましょう。

積極的に違う話題にする【職場で子供の話ばかりする既婚男性】

なお、一度「子供の話ばかりで退屈という旨」を伝えしても、次の日には元に戻ってしまう人もいるものです。

このような人への対策としては、あなた自身からオフィスにて子供の話が出てくるたびに、違う話題に変えるように仕掛けていくことが大切です。

毎回話題をすり替えようとすることに罪悪感を感じるかもしれないですが、あなた自身がストレスを感じてしまわないようにする方がより大事なわけです。限られたあなたの時間を少しでも楽しいものに変化させていくためにも、きちんと「違う話題を切りだす」といった対処方法を行っていきましょう。

転職をする

なお、このように職場にて子供の話ばかりする人から逃げたり、話題を変えたりするなどの対処を行ったとしても、職場環境が原因で逃げられないようなケースもあるでしょう。

たとえば、上司がこのようなタイプの人であれば、やはりなかなか対処しにくくなるものですですよね。このような環境上の理由によって「子供の話ばかりでつまらない」と感じる時間があまりにも長いのであれば、転職を考えるのも一つの手です。

実際のところ職場が変わると、人間関係、職場の雰囲気等まったく異なるケースがほとんどなので、元から「なんかこの職場と会わない」と違和感を感じている人であれば、この問題をきっかけとして、転職活動を本格的にスタートするのもいいです。

人生は一度きりであり、あなた自身の人生が本気で素晴らしいものになるように、さまざまなチャレンジを行っていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう