JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

1パスカル(Pa)は何アトム(atm)?変換方法を徹底解説【標準気圧】

科学の分野において気圧などの圧力を考える場面が良く出てきます。

このとき、圧力の単位としてパスカル(Pa)やアトム(atm)がよく出てきますが、これらについて「1パスカルは何アトムなのか?」逆に「1アトムは何パスカルなのか」という変換方法が必要なことも多くあるでしょう。

ここでは、このPaとatm、関連する用語の標準気圧について解説していきます。

1アトム(atm)は何パスカル(パスカル)?標準気圧との関係は?

まず標準気圧とは大気圧のことを示し、101325Pa=1標準気圧と日本における計量法上のルールとして定義されています。

そして、この気圧の単位には「atm」を使用するために、1atm(アトム)=101325Pa(パスカル)という換算式が成立するのです。これは定義であるため、覚えるしかないといえます。

逆に「1パスカルは何アトムなのか」を考えるのであれば、逆数を取るとよく1Pa(アトム)=1/101325 Pa=約9.87×10^-6 atmと変換できます。

このように、アトムとパスカルは変換できることを理解しておきましょう。なお、各々の大小関係は以下のようになりますので、どちらの方が数値として大きくなるかイメージできるようにしておくといいです。

atm(標準気圧)とPa(パスカル)の変換を行ってみよう【計算問題】

このようにパスカル(気圧)とアトムでの単位換算ができるのですが、この扱いに慣れるためにも練習問題を解いていきましょう。

練習問題1

0.8atmは何Paに換算できるでしょうか。

解答1

0.8 × 101325 = 81060Paと変換できます。

続いて、パスカルからアトムにも変更していきましょう。

練習門題2

130000Paは何atmになるでしょうか。

解答2

上のアトム(標準気圧)とパスカルとの関係から、

130000÷101325≒1.283atmに換算できるのです。

なお、圧力の定義としての荷重や面積との関係はこちらで解説していますので参考にしてみてください。

まとめ

ここでは、圧力の単位であるアトム(atm)やパスカル(Pa)の定義や変換方法について解説しました。

アトムは大気圧(標準気圧)の単位であり、1atm=101325paと定義されています。逆にパスカル基準で考えるのであれば、1Pa=1/101325atmと単位換算できるのです。

どちらも気圧等の単位としてよく使用するものであるため、きちんと理解しておきましょう。

 

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう