JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
お金・節約・投資

億と兆の変換方法は?計算問題を解いてみよう【億円と兆円】

金融関係の職に就いていたり、株などを行っていたりする人では、大きな桁数のお金を扱うことが多くあります。

これら~億円や~兆円は状況に応じて使いわける必要があるため、相互変換できるようにしておくといいです。

ここでは兆と億の関係式の導出や変換を行う方法について解説していきます。

億と兆の計算式を考えてみよう

まず億について考えます。1億円=10000000円と0が8個並んだものに相当します。一方で、1兆円とは、100000000000円と0が12個分並んだ数値となっています。

ここで各々を比較して考えたとすると、1兆円=10000億円と「億の1万倍が兆に相当する」ことがわかります。逆に、億基準で考えるのであれば、1億円=0.0001兆円に変換できるわけです。

日本円では、このように10000倍基準で変化していくことが基本となるので、きちんと理解しておきましょう(例えば、兆の次の単位である京には、兆に1万倍をかける)

億と兆の変換の計算問題を解いてみよう

それでは、億と兆の換算に慣れるためにも練習問題にチャレンジしていきましょう。

例題1

3.5兆円は何億円に相当するでしょうか。

解答1

上の換算式に従って計算していきましょう。

すると、3.5× 10000 = 3500億円と計算できました。

 

逆に、億から兆への換算を行っていきましょう。

例題2

6000億円は何兆円に相当するのでしょうか。

 

解答2

こちたも上の変換式を基に、単位変換していきましょう。

6000 ÷ 10000=0.6兆円と単位換算できるわけです。

まとめ

ここでは「~億円」と「~兆円」の単位変換の方法について解説しました。

1兆円は1億円の1万倍であり、1億円は1兆円の1万分の1倍に換算することが可能です。なお、金額の単位は一つ大きくなるごとに、1万倍ずつ増えていくことを理解しておくと、覚えやすくなります。

お金の単位の変換に慣れ、毎日を快適に過ごしていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう