JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

S(ジーメンス)と抵抗の単位Ω(オーム)の変換(換算)方法や意味は?

科学的な解析を行う際によく単位変換が求められることがあります。

例えば、電気抵抗の単位としてΩ(オーム)を使用することがありますが、これと関連した用語のコンダクタンスの単位としてS(ジーメンス)というものが挙げられます。

これらは各々単位換算できるようにしておくとよく、ここではコンダクタンスの単位のS(ジーメンス)と抵抗の単位のΩ(オーム)の変換(換算)方法について解説していきます。

S(ジーメンス)とΩ(オーム)換算(変換)方法【コンダクタンスと抵抗】

まず、まずS(ジーメンス)は電気の伝わりやすさ(コンダクタンス)の単位といえ、抵抗の単位のΩ(オーム)の逆数を表しています。

逆つまり、Ωを基準に考えたとしても、単純にジーメンスの逆数を取ることで換算することができるのです。以下のような関係式となります。

ジーメンスの単位の記号はSと記載しますが、他にも時間の単位のsや面積を表す際の記号のSと同じ表記であるため、混同しないように注意するといいです。

なお導電率の単位として、このジーメンスパーメートル(S/m)などを使い、このジーメンスが理解していないと何のことかわからなくなるので、ここできちんと覚えておきましょう。

ジーメンス(S)とオーム(Ω)の変換(換算)の計算問題【電気抵抗とコンダクタンス】

それでは、抵抗の単位のΩ(オーム)とコンダクタンスの単位のS(ジーメンス)の換算に慣れるためにも計算問題を解いてみましょう。

例題

抵抗値が5Ωの抵抗のコンダクタンスは何Sに変換できるでしょうか。

解答

上の定義に従って計算していきます。

すると、1 / 5 = 0.2Sとと求められるのです。

逆にジーメンスからオームへの単位変換も行ってみます。

例題2

コンダクタンスが10Sの物体の抵抗値は何Ωでしょうか。

解答2

上の定義式に従って計算していきます。

すると、1 / 10 =0.1Ω=100mΩと計算できるのです。

まとめ

ここでは、コンダクタンスの単位のS(ジーメンスナノメートル)と抵抗の単位のΩ(オーム)の意味や各々の換算方法について確認しました。

オームとジーメンスは逆数の関係にあることを覚えておきましょう。このとき、ジーメンスの記号としてSを用いますが、これは面積の表記の記号S、時間の秒(s)と記載が同じであるために、混同しないように注意するといいです。

オーム、ジーメンスの定義や換算に慣れ、より科学を楽しんでいきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう