JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

モル(mol)とモーラー(M)の変換方法とその違い

日常生活において、よく単位の変換を行う場面があるでしょう。

ただ、単位の中にはとても似たような言葉の単位があり、その代表としてモル(mol)とモーラー(M)というものがありますが、これらの違いについて理解していますか。

ここでは、mol(モル)とml(ミリリットル)の単位換算(変換)方法や違いについて解説していきます。

モル(mol)とモーラー(M)の変換方法と違い

まず、モル(mol)とは物質量の単位を表しています。

1molの分子(や原子)とは、その分子がアボガドロ数個分(6.02×10^23個分)存在している状態を意味します。

一方で、モーラーとは大文字のMで表記し、1Lあたりのモル数(mol/L)といった濃度を表す単位といえます。

つまり、モル(mol)とモーラー(mol/L)は別物のです。呼び方が似ていることや両方ともモル(mol)が関係する単位であるため、混同しがちなので十分に気を付けるといいです。

そして、モルからモーラーに変換するには、あるモル数が存在しているリットル数がわからないとできません。

例えば、ある溶液1Lに3molの物質が溶けているのであれば、1÷3=1/3mol/L(モーラー)に換算できるといえます。

逆に、モーラー(mol/L)からモル(mol)に換算するためには、1Lあたりのmol数にその体積(容積)をかけることで対応できるわけです。

M(モーラー)とmol(モル)の変換を行ってみよう【計算問題】

それではモーラーとモルの単位換算に慣れるために、計算問題を解いていきましょう。

例題1

ある溶液2L中には0.5molの物質が存在するといえます。

解答1

上の定義式に従って求めていきます。

0.5 ÷ 2 = 0.25 mol/L(M)と換算できるのです。

今度は逆にモーラーからモルへの換算を行っていきます。

例題2

ある溶液の濃度は0.8M(mol/L)であり、この溶液は5L存在します。この溶液に溶けているモル数(物質量)はいくらになるでしょうか。

解答2

こちらでも変換の考えを元に計算していきます。

0.8 × 5 = 4molと求める事ができました。

まとめ

ここでは「1モル(mol)はモーラー(M)」「1Mは何molか」といったM(mol/L)とmolの換算方法について確認しました。

実は、molは物質量の単位、M(mol/L)は濃度の単位を表すため直接変換することはできません。ただ、このとき物質量が存在している部分の体積Lを使用することで、間接的に換算することはできるのです。

具体的には、Amol ÷ BL =Cmol/L(M)、Dmol/L × EL = Fmolのように単位変換できることを覚えておくといいです。

きちんとmol(モル)とM(モーラー)の単位換算に慣れ、業務に役立てていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう