JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

時速、分速の変換方法 計算問題を解いてみよう

車や飛行機などの乗り物に乗る際に、その速度に注目する場合が多いですよね。

この物体の移動速度を考えるとき、時速、分速などさまざまな表記を取ります。

これらの単位は状況に応じて使い分ける必要があるため、それぞれの表記に変換できるようにしておくといいです。

ここでは「時速、分速の定義や換算方法」について解説していきます。

時速と分速の関係性の導出

それでは時速と分速には、どのような関係があるのか考えていきましょう。

まず、車などで良く使用する時速ですが、1時間あたりに移動する距離のことを指しています。

そして、時速の単位としては、km/h(キロメートルパーアワー)を使うことが基本です。km/hはキロメートル毎時、時速〜キロなどとよぶこともあります。

一方で分速とは、1分あたりに移動する距離のことであり、m/min(メートルパーミニッツ)を普通使用します

別の言い方では、メートル毎分、分速〜メートルと呼ぶこともあります。なお単位もm/minだけでなく、m/分などと書く場合があります。

続いて時速と分速の換算のやり方を考えていきましょう。ここで、1km=1000mであり、1hr=60minであることを利用します。

すると、時速1km/h=1000m/60min=約16.7m/minと変換できるのです。一方で、分速基準で考えますと、1m/min=0.06km/hと計算できます。

このようにして、時速と分速の換算式が導かれました。

なお、風速には基本的に秒速が良く使用され、この風速(秒速)と時速の変換方法はこちらで解説いています。参考にしてください。

時速と分速の変換の計算問題を解いてみよう

それでは、時速km/hと分速m/minの換算に慣れるためにも、計算問題を解いてみましょう。

例題

時速5km/hは何m/minとなるのでしょうか。

解答

上の定義式に従って考えていきます。

すると、5×16.7=83.5m/minと分速が計算できるのです。

逆に、分速から時速への変換も行ってみましょう。

例題2

分速20m/minは時速何キロになりますか。

解答2

同様に、上の換算式を使います。

すると、20×0.06=1.2km/hとなるのです。

きちんと時速、分速の計算に慣れておきましょう。

まとめ

ここでは、時速と分速の換算方法について解説しました。

時速とは、1時間あたりの移動距離のことを指し、単位としては基本的にkm/hを使用することが多いです。なお、別の言い方では、メートル毎時や毎時~メートルというような呼び方をします。

一方で、分速とは1分あたりの移動距離のことを指し、単位にはm/min等を使うことが基本です。分速は別の呼び方では、メートル毎分や毎分~メートルと表現するケースもあります。

そして、時速1km/h=16.7m/minであり、逆に1m/min=0.06km/hと計算することができます。

時速と分速の計算に慣れ、科学的な処理をスムーズに実行できるようにしましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう