JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
お金・節約・投資

億と百万(ミリオン:million))の変換方法 計算問題を解いてみよう【百万円の単位】

会計などにおいて、桁数の大きな単位を考える際には、億や~百万円などの記載を採用することが多くあります。

ただ、これら「~億円」や「~百万円」というお金の単位は状況に応じて使い分ける必要があるため、お互い単位換算できるようにしておくといいです。

ここでは、金額の単位である億と百万(ミリオン)の換算方法について解説していきます。

億と百万(ミリオン:million)の関係式を考えてみよう

まずは、「~億」と「~百万円」の関係について考えていきましょう。なお、百万はカナカナ表記で「ミリオン(million)」のことを表します。

数値で記載すると、1億円=10000000円と0が8個並んだものに相当します。一方で、百万円とは、1000000円と0が6個分並んだものとなるのです。

つまり、1億円=100百万円と変換でき、逆に1百万円基準で考えるのであれば1百万円=0.01億円に単位換算できます。

億円も百万円も桁数が非常に大きい単位であるため、計算ミスには十分に気を付けていきましょう。

億と百万円(ミリオン:million)の変換の計算問題を解いてみよう

それでは、億と百万(ミリオン:million)の換算に慣れるためにも練習問題にチャレンジしていきましょう。

例題1

1.5億円は何百万円に相当するでしょうか。

解答1

上の換算式に従って計算していきましょう。

すると、1.5 × 100 = 150百万円と求めることができるのです。

逆に、百万から億への換算を行っていきましょう。

例題2

5000百万円は何億円に相当するのでしょうか。

 

解答2

こちたも上の換算式を基に、単位変換していきましょう。

5000 ÷ 100 = 50億円と計算することができました。

エクセルで億と百万円の変換を計算する方法

このように、億と百万円は単位換算できるわけですが、エクセルで対処するにはどのようにすればいいのでしょうか。

以下のよう、3500百万円と数値が入力されているとします。

このとき、億に変換するためには特別なEXCEL関数は使用する必要はなく、上の定義式の通り100で割るといいのです。

つまり、セルに=(百万円の数値)/100と入力すると、~億円に単位換算できるわけです。

ENTERで計算を確定させると以下のようになります。

逆に、エクセルを活用して億から百万円にするためには、逆の処理をするといいです。つまり、億の数値を元に、百万円のセルに=(億)*100とすればいいわけです。

結果は以下の通りとなります。

これがエクセルにて、単位の億円と百万円の変換方法です。

きちんと理解しておきましょう。

まとめ

ここでは「~億円」と「~百万円」の単位変換方法について解説しました。

実は、1億=100百万円に相当し、逆に1百万円基準で考えると1百万円=0.01億と換算できるのです。

なお、エクセルなどの計算ツールを用いても容易に数値変換することができ、このときは上の計算式を数式として入力するようにしましょう。

お金の単位の変換に慣れ、毎日を快適に過ごしていきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう