JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe
  
科学

μA(マイクロアンペア)とnA(ナノアンペア)の換算(変換)方法【1μAは何nA?1nAは何μA?】

よく科学的な分野の本を読んでいるときに、電流に関する単位であるμA(マイクロアンペア)やnA(ナノアンぺア)などを見かけることがあります。

これらは普段の生活ではそこまで多く使用しないため、その大きさが実際どの程度であるのか良くわからないことが多いでしょう。あなたは、マイクロアンペアやナノアンペアの定義について理解していますか。

ここでは1μAは何nA?1nAは何μA?といった「μA(アンペア)とnA(ナノアンペア)の変換方法」について解説していきます。

μA(マイクロアンペア)とnA(ナノアンペア)の意味【1マイクロアンペアは何ナノアンペア?1mAは何nA?】

まず、Aの定義について考えていきましょう。

1Aとは、単位時間当たりの電荷(Q)の移動量を表しています。このアンペアの数値が大きいほど、電流が大きくなり、数が小さくなれば電流が小さくなるわけです。

ここで、nA(ナノアンペア)とはA(アンペア)の接頭に1000000000分の一を表すn(ナノ)がついたもの単位といえます。つまり、1A=1000000000nAと変換できるのです。

一方で、μA(マイクロアンペア)はA(アンペア)の接頭に1000000分の1を表すμ(マイクロ)がついた単位であり、1A=1000000μAと換算することができるのです。

これらを比較することで、1μA=1000nAと計算できるのです。

逆に、1μAは何nAと聞かれたら逆数を取るといいので、1nA=0.001μAと求めることができるのです。

μA(マイクロアンペア)とnA(ナノアンペア)の換算(変換)を行ってみよう【計算問題】

このようなマイクロアンペアやナノアンペアですが、すぐにこの変換式をイメージできるようにするにはある程度慣れが必要です。

以下のような練習問題をたくさん解いていきましょう。

例題

3μAは何nAに換算できるのでしょうか。

 

解答

上の公式に従って計算していきます。

3 × 1000 = 3000nAと換算できるのです。

続いて、ナノアンペアからマイクロアンペアへの変換も行ってみましょう。

例題

3500nAは何μAになるでしょうか。

 

解答

3500 ÷ 1000 = 3.5 μAと求められました。

まとめ

ここでは、μA(マイクロアンペア)とnA(ナノアンペア)の意味やその変換方法について解説しました。

・1μA=1000nA
・1nA=0.001μA

であることを理解しておくといいです。

単位マスターになり、毎日をより快適に過ごせるように対応していきましょう。

ABOUT ME
white-circle7338
アラサーの男性です。自分が今まで経験・勉強してきた「エクセル」「ビジネス用語」「生き方」などの情報を、なるべくわかりやすく、楽しく、発信していきます。 一緒に人生を楽しんでいきましょう